伊勢原版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

(株)めぐりが準V 圏央道の宝物グランプリ

経済

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
開発したライネルワインチーズ(手前)
開発したライネルワインチーズ(手前)

 地域の物産品からヒット商品を育てる企画「にっぽんの宝物プロジェクト」の地方大会「圏央道の宝物グランプリ」(平塚信用金庫など圏央道沿いの5つの信金らが主催)が12月3日に東京都内で開催された。伊勢原市から出場した株式会社めぐり(石田牧場グループ・石田陽一代表取締役CEO)が準グランプリを獲得。来年3月に開催される全国大会への出場を決めた。

 同社は、株式会社秩父ファーマーズファクトリーとエストニア出身のチーズ職人、シーム・ライネル氏とコラボしたワインチーズ「ライネルワインチーズ〜石田牧場生乳と秩父兎田ワイナリー」を開発し出品した。

 石田さんは、グランプリを前に開かれた「圏央道の宝物セミナー」で秩父ファーマーズファクトリーの深田直哉さんと出会って意気投合。親交のあったライネルさんの協力を得てワインに漬けたチーズの開発に着手した。石田さんは「石田牧場の生乳のおいしさが認められてうれしい。支えてくれた方々に感謝したい」と話す。

 全国大会に向け熟成期間を十分にとるため、すでに仕込みに動いている石田さんら。「牛乳には人と人を繋げより美味しい可能性を引き出す力がある。全国大会では神奈川の酪農の無限の可能性を伝えたい」と意気込みを語った。

受賞を喜ぶ石田さん(中央右)と関係者ら
受賞を喜ぶ石田さん(中央右)と関係者ら

伊勢原版のローカルニュース最新6

市民音楽会を配信

市民音楽会を配信 文化

市公式YouTubeで

3月5日号

要請ある限り支援続ける

医療ボランティア

要請ある限り支援続ける 社会

精神科医 小綿一平さん

3月5日号

夏休みに被災地で活動

高校生ボランティア

夏休みに被災地で活動 社会

向上高生が9年間継続

3月5日号

会員寺院を紹介

市仏教会

会員寺院を紹介

新連載スタート

3月5日号

怒りの感情をコントロール

体温検知器を寄贈

平塚法人会青年部会

体温検知器を寄贈 社会

40周年記念し地域貢献で

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク