伊勢原版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

西富岡向畑遺跡 縄文後期の埋没林公開 鳥の羽の発見は全国初

文化

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
遺跡説明会の様子
遺跡説明会の様子

 市内西富岡の向畑(むこうばた)遺跡で4月18日、発掘現場見学会が開催された。公益財団法人かながわ考古学財団(株)が同所で縄文時代後期の埋没林が発見されたと発表したことから、午前午後2回の見学会に約400人が訪れた。

 西富岡・向畑遺跡は、中日本高速道路(株)が計画する新東名高速道路建設に伴う事前調査として、2007年4月から発掘調査が行われてきた。

 これまでの調査では、中世の建物跡や古墳時代末から平安時代にかけての集落跡などが多数発見されている。今回は最後の調査区から見つかった縄文時代の埋没林を中心に、発掘調査の成果が紹介された。

 埋没林の周辺から、3170年前に噴火した伊豆半島のカワゴ平火山の火山灰が見つかっている。今回発見された木を分析した結果、噴火があった数十年前の木であることが判明した。

 同財団によると、今回埋没林が発見された場所は、縄文中期から後期の集落跡が広がるエリアの山裾で、50cm以上の木が200本、小さい枝も合わせると500本以上見つかったという。遺跡からは木が炭化せず生の状態で残り、木の幹や樹皮、コケなどの細かい部分まで観察できる。笹や昆虫、鳥の羽など、森の中に生息していた動植物の遺体が見つかったことが貴重だという。

 埋没林が残った理由については、斜面の土砂が地滑りによって遺跡の上に堆積したことで、土でパックされた状態になり、酸素がなくなりバクテリアなどの微生物に分解されることがなかったのではないかと分析している。

 今回の埋没林の発見で縄文時代の人々が生活空間に接する森林にどのような動植物がいて、どんな環境だったかが分かる貴重な発見になった。同財団の担当者は「縄文時代の鳥の羽が出たのは全国初。仮に絶滅種だったらすごい発見」と話した。同遺跡の公開は今回が最後だが、調査は続き、結果は同財団の成果発表会などで公開していく予定だという。

 平塚市から訪れたという小学4年生の古橋春那さんは、「縄文時代の木や虫が残っているのがすごいと思った。将来、遺跡の発掘に関わってみたい」と話していた。
 

発掘した木に触れる参加者
発掘した木に触れる参加者

伊勢原版のトップニュース最新6

「希望の灯守りたい」

大山能狂言

「希望の灯守りたい」 文化

親子教室がスタート

5月20日号

一人暮らしの学生を応援

伊勢原市社会福祉協議会

一人暮らしの学生を応援 社会

食料品などを無料で配布

5月20日号

湘南オリーブ振興へ協定

産業能率大学

湘南オリーブ振興へ協定 社会

二宮町と農場など産官学連携

5月13日号

天空の宮『阿夫利』奉納

下糟屋在住鈴木教之さん

天空の宮『阿夫利』奉納 文化

いせはら市展市長賞作品

5月13日号

下山までをトータルに

大山登山

下山までをトータルに 社会

モンベル主催で遭難対策研修

5月6日号

母の日前に出荷ピーク

ふじだな園

母の日前に出荷ピーク 社会

16種のカーネーション

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook