伊勢原版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

伊勢原市内小学生 地元出身五輪選手を応援 布招きにメッセージ

社会

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
メッセージを書いた布招きを手にする比々多小の児童
メッセージを書いた布招きを手にする比々多小の児童

 伊勢原市は、東京2020オリンピックに出場する市内出身選手を応援することを目的に、五輪特別仕様の布招きを作成。市立小学校の児童に応援メッセージを書いてもらい、伊勢原駅と大山のこま参道に掲出する。

 市は五輪の色にちなんだ青、黄、黒、緑、赤の特別仕様の5色の布招きを各200枚、計1000枚作成。市内の小学校10校に配布し、児童に参道に見立てた白い余白部分にメッセージを記入してもらう試みを行った。

 16日には、比々多小学校の5年生3クラス、94人が、学活の時間に応援メッセージを記入。同校卒業生で五輪出場が決定している堺亮介選手(トランポリン)と、塩浦慎理選手(競泳)に向けて「1位めざして頑張って下さい」「とても楽しみにしています」などと応援メッセージを布招きに綴った。

 市は、聖火ランナーがこま参道を走るタイミングで参道に応援メッセージ入りの布招きを掲出することを計画していた。しかし6月11日、県が6月28日から30日に実施される県内オリンピック聖火リレーの公道走行を中止したことに伴い、6月28日に市内で実施される予定の聖火リレーも中止になった。

 市商工観光課の担当者は「聖火リレーは中止になってしまったが、布招きを掲出して大山や伊勢原を訪れる人とともに、市内出身選手を応援しようと掲出をすることを決めた」と話す。

 この日メッセージを書いた同校の児童は、「応援の気持ちを込めて一生懸命に書いた。代表の2人の選手のことはトロフィーなどを見たこともあって知っている。比々多小の先輩なのでオリンピックで頑張ってほしい」とエールを送った。

 応援メッセージ入りの布招きは、6月26日(土)から1カ月間、伊勢原駅と大山のこま参道に掲げられる。

布招きとは

 夏山の時期に大山阿夫利神社を信仰する団体(講社)が、宿坊を常宿にしていることを表すため、講名が書かれた名入れの手ぬぐいのような布を門前に掲げていた。

 これが布招きで、本来は講社が制作していたが、現在は大山の風物詩として客を招き入れる「おもてなし」の意味で大山や市内各所に掲げられている。

応援メッセージを記入する児童
応援メッセージを記入する児童

伊勢原版のトップニュース最新6

小学生の頂点決まる

いせはら独楽チャン

小学生の頂点決まる 教育

比々多小が団体で3連覇

1月21日号

新戦力加入で大幅補強

湘南ベルマーレ

新戦力加入で大幅補強 スポーツ

新シーズンへ体制発表

1月21日号

日照り十分 順調な年

大山阿夫利神社

日照り十分 順調な年 文化

伝統の筒粥神事

1月14日号

杉山兄弟が上位独占

ロボットコンテスト

杉山兄弟が上位独占 社会

初出場の目視部門で栄冠

1月14日号

2部制で分散開催へ

成人式

2部制で分散開催へ 社会

10日 オンライン配信も

1月7日号

花火で「元気届け」

大田地区

花火で「元気届け」 コミュニティ社会

クリスマスの夜空彩る

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook