伊勢原版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

産業能率大学サッカー部 関東大会で初優勝 創部以来の全国出場へ

スポーツ

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

 産業能率大学サッカー部が7月25日、茨城県で行われた「アミノバイタルカップ2021 第10回関東大学サッカートーナメント大会」の決勝戦で法政大学に勝利し、初優勝を飾った=写真。この結果、同部は、全国から予選を勝ち抜いた24チームが出場し、8月23日(月)から始まる「第45回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」に初出場する。

 関東大学サッカーリーグ1部・2部の全24 チームと各都県のプレーオフを勝ち抜いた8チームの、計32チームで競われた関東大会。産能大は初戦、日本体育大学に不戦勝。2回戦の筑波大学には先制するも、後半に追いつかれ延長へ。延長の前後半で1点ずつ取り、3-1で勝利し、準々決勝へ進んだ。

 ゴールキーパーでキャプテンの牧野恋音選手(4年)は、「筑波大に勝てたのが大きかった。相手は1部リーグなので挑戦する気持ちで臨んだ。この1勝で自信が付き、チームに勢いがついた」と振り返る。

 勢いそのままに臨んだ準々決勝でも、東洋大学を2-1で下し、この時点で同部は関東代表として、全国大会である総理大臣杯への出場権を初めて手にした。

 続く準決勝の山梨学院大学も2-1で下し、決勝は法政大学戦。90分で決着がつかず、スコアレスのまま延長戦へ。試合が動いたのは延長後半。産能大が先制するも、直後にオウンゴールで同点になり、そのままホイッスル。決着はPK戦へと委ねられた。

PK戦最後の11人目で決着

 牧野キャプテンはPK戦を前に円陣を組み「失うものがないから、楽しむしかないと思った。『俺が3本とめるから思いっきりやれ』とチームをリラックスさせて臨んだ」と話す。

 PK戦では、互いに決めきれず、最後の11人目までもつれる展開に。最後に牧野キャプテンがゴールを決めて9-8で勝利し、初優勝に輝いた。「初のタイトル獲得で、自分たちの代が部の歴史に名を刻むことができて嬉しい」と喜びを話す。

「3H」がチームの特色

 同大はハードワーク、ハードタックル、ハイスピードトランジション(切り替え)の「3H」を意識し、基本を大事にした「産能スタイル」が特徴。牧野キャプテンは「総理大臣杯ではチャレンジャーとして楽しみたい。これまでやってきた『産能スタイル』を出して、自信を持って目の前の1試合1試合を戦いたい」と意気込みを語る。

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook