伊勢原版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

大山登山 下山までをトータルに モンベル主催で遭難対策研修

社会

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
登山道を進む参加者ら
登山道を進む参加者ら

 春山シーズンを控えた4月22日、大山登山コースで「丹沢・大山遭難対策研修会」が実施され、登山ガイドや商工観光課職員ら16人が参加。市と包括協定を締結する株式会社モンベル(大阪府)が主催し、大山登山での注意点などを学んだ。

 大山は初心者の入山が多く、気軽に登山を楽しめるイメージだが、今年に入りすでに12件(4月23日現在)の事故が報告されている。2021年には36件、20年には45件、19年には27件で、死亡事故も発生した。

 大山登山は、下社まではケーブルカーで行くこともできるが、山頂までは本格的な登山領域となり、きちんとした装備や計画などの準備が必要となる。大半の事故は下山中に発生しており、登りでのオーバーペースが原因であるという。

 インストラクターを務めた上村博道さんは「1分間に60歩のペースで進むことがのぞましい」と話す。下社から山頂までの標高差は約600mあり、「初心者やブランクのある人は、1時間約300mが標準的な歩行タイム。下社から山頂までは約2時間はみたほうがいい」と上村さん。

「登山は山頂までの片道切符ではない」

 研修会では午前10時に下社を出発し、正午ごろに山頂へ到達。昼食後の午後1時に山頂を出て、下りの歩き方や危険箇所の確認、不動尻分岐では道迷いしないための注意、見晴台付近では落雷事故を防ぐ方法、スマホのアプリを活用し天候を把握することなどを学び、午後3時半ごろに下山した。

 研修会に参加した(一社)伊勢原市観光協会の志村功事務局長は「山は競走するのではなく、ゆっくり時間をかけて自然の花や木、風を感じ、楽しむことが事故を防ぐことにつながる」と感想を述べた。

 上村さんは「参加者の意識は非常に高い。初心者や思い付きで登る人、ブランクのある人たちに伝えていくのが今後の課題」とし、「これから気温も上がるのでオーバーペース、熱中症や脱水症状等に注意を。登山は山頂までの片道切符ではないので下山までをトータルに考えていただければ」と語った。

伊勢原版のトップニュース最新6

飯澤選手 念願の日本一

日本選手権1500m

飯澤選手 念願の日本一 スポーツ

目標は世界の大舞台

7月1日号

向上高が全国へ

NHK杯放送コンテスト

向上高が全国へ 教育

20年連続で出場

7月1日号

4回目接種始まる

新型コロナワクチン

4回目接種始まる 社会

集団接種は7月2日(土)から

6月24日号

県予選好成績で全国へ

伊勢原高校ライフル射撃部

県予選好成績で全国へ スポーツ

最後の大会で躍進誓う

6月24日号

ザリガニバスターズ体験

大山小6年生

ザリガニバスターズ体験 教育

外来種から自然環境学ぶ

6月17日号

3年ぶりに縮小開催

道灌まつり

3年ぶりに縮小開催 文化

飲食ブースの出店も

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook