伊勢原版 掲載号:2022年6月3日号 エリアトップへ

よさこいダンスチーム東海大学 響(ひびき)の代表を務める 和田 育巴(やすは)さん 理学部物理学科3年 20歳

掲載号:2022年6月3日号

  • LINE
  • hatena

気遣いに長けたリーダー

 ○…激しい踊りと色鮮やかな衣装を身にまとい、鳴子を鳴らして踊るよさこい。チームには現在75人が在籍し、毎年オリジナル演舞を創作し、さまざまなイベントに参加する。6月5日(日)には伊勢原市民文化会館で初めて自主公演を主催する。テーマは「佳宵(かよい)」。美しい月夜とウサギや龍のストーリーに曲を乗せ、振り付けした。「見てくれた方に感謝の気持ちを込めて、良かったと思ってもらえる演舞をしたい」と意気込む。

 ○…よさこいとの出会いは去年の入学式。コロナ禍で延期になり、新1年生と合同で行われた。「式の会場で響を見た。楽しそうで、一番輝いていた。初心者歓迎と言われ決めました」。小学校1年から高校卒業まで野球一色。大学で何か新たに始めようと考えていたが、オンライン授業などで友人を作れず、楽しめなかった1年間を取り戻したいという気持ちが強かったという。昨年9月に代表に就任。人の意見に耳を傾け、気遣いができることから周りの信頼も厚い。

 ○…東京都出身。子どもの頃に父親に連れられてプラネタリウムに行ったことがきっかけで星や宇宙に興味を持つようになり、理学部物理学科へ進学した。趣味はスポーツクライミングで、中学3年から始め、高校時代は中断していたが、大学に入って再び始めた。「悩んだ時に行く。体を動かすと頭がリセットできる」と話す。

 ○…コロナ禍でイベントが延期になり不自由さもあるが「悪いことばかりではない」と微笑む。初めての自主公演を通じてメンバーの結束力が強くなり、自信につながった。「踊る側はもちろん楽しいが、見た人が楽しく、笑顔になれるのがよさこいの魅力。最高の演舞をお見せします」と笑顔で自信をのぞかせる。

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版の人物風土記最新6

梅下 智弘さん

日本メダカ協会県央支部の支部長を務める

梅下 智弘さん

50歳

8月12日号

芳賀 武さん

市内最大級の親睦団体「楽天会」の第7第会長に就任した

芳賀 武さん

東富岡在住 75歳

8月5日号

富岡 明奈さん

「はじめての大人バレエ講座」で講師を務める

富岡 明奈さん

23歳

7月29日号

水島 圭一さん

伊勢原市PTA連絡協議会の会長に就いた

水島 圭一さん

上粕屋在住 45歳

7月22日号

柳内 春さん

第46回大納涼まつりの実行委員長を務める

柳内 春さん

日向在住 36歳

7月15日号

萩原 鉄也さん

認定NPO法人地域福祉を考える会の理事長にこのほど就任した

萩原 鉄也さん

小稲葉在住 55歳

6月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook