綾瀬版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

〈第40回〉渋谷氏ゆかりのコースを訪ねる40 あやせの歴史を訪ねて 綾瀬市史跡ガイドボランティアの会

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena

 渋谷高重、惣領とはいえ、兄・光重を敬い一族郎党にも深い配慮を示し、領地・領土の開拓保全に精魂を傾けた。鎌倉の府に出仕の折は全身が情報蒐集(しゅうしゅう)の器となっていた。今は2代執権として父・時政を凌ぐ政治家として、権力者としての義時に、幕閣・有力御家人達、言動を慎んでいた。高重とて義時の陥穽(かんせい)が網羅されている事を覚悟しながら、平然と平静を装い執務を果たした。

 憶(おも)えば高重、平治の乱に敗れ奥羽目指して落ち延びて行く途上、邂逅だったのか、意図した出会いだったのか!?佐々木秀義一行との出会い。光陰矢の如し、高重、渋谷一族、佐々木氏との縁で頼朝の麾下(きか)が許され25年の星霜が流れていた。

 高重、領地の巡察の時、好天に恵まれると、馬上より霊峰富士を見入る事があった。ここ渋谷荘は、至る所で富士山が見える贅沢な景色・地域だった。頼朝、平家打倒成った頃、ふと洩らした呟きがあった。伊豆韮山に配流の身であった頃、源氏再興を手の届く距離にあった霊峰富士に、また三島神社に、監視の目を盗み叶わぬ願いと思いつつ、虜囚の身で祈願の日々があったと…。高重、それらの事が走馬灯の様に去来していた。

 今は亡き頼朝、そして己の齢(よわい)、迂闊にも五十路を越えていた。古人曰く、この世は一炊の夢と…。父・重国が営々として築いた渋谷荘、信念と矜持を寡黙の中に秘めて、一族を纏め鎌倉の府に於いても存在感を示していた。高重、今、難しい局面に遭遇を余儀なくされる予感を強く感じていた。畠山重忠、二俣川で北条時政・北条氏に呆気なく討たれた事、暗然と心中に澱(おり)となっていた。

 嘗つて源平合戦・奥羽合戦等々に縦横無尽の活躍をした東国武将、東国の武者だった鎌倉の府の幕閣・要人・有力御家人達、今はその面影を微塵も感じられず、高重、出仕しても所定の業務以外、誰と何の会話をすればその場の雰囲気が保てるのかと苦労した。

 この度の仕置に言及すれば、北条氏の耳目(じもく)があり、親しい御家人達と迂闊な立ち話も、片隅で小声で話す事も憚られた。高重にとって、鎌倉の府は居心地の悪さ、この上もない場所となっていた。今は無為に時を過ごしている場合ではなかった。姻戚・一族・相互の領地領土の争い、交際上の手違い等、何があっても、北条氏・北条一族よりの讒陥(ざんかん)に遭わないよう、鳩首会議を重ねた。

 ただ、畠山重忠が討たれて声を挙げない多くの幕閣・有力御家人達、その中で今は北条氏に、義時に比肩しうる一族は、三浦氏だったが、その中で取り分け和田義盛が祖父・三浦義明の性格を引き継ぎ、剛直清廉の将だった。三浦一族の中でも歯に衣着せぬ言動が危惧されていたが、嘗てその言動に慎重さを求められていた高重すら、義盛の言動に強い危機感を禁じ得なかった。

【文・前田幸生】
 

綾瀬版のコラム最新6

あやせ名産品会の今

市制施行40年 特別連載

あやせ名産品会の今

Vol.3 有限会社 矢部商店〜あやせ本醸造 初の年内入荷〜

12月13日号

あやせ楽屋帳vol.10

あやせ楽屋帳vol.10

12月13日号

路線バスっておもしろい!

路線バスっておもしろい!

路線バスっておもしろい!

連載

路線バスっておもしろい!

第19回 車椅子のお客様 路線バス運転士 坂井昭彦

11月15日号

あやせ楽屋帳vol.9

路線バスっておもしろい!

連載

路線バスっておもしろい!

第18回 「だろう運転」の怖さ路線バス運転士 坂井昭彦

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク