綾瀬版 掲載号:2018年9月7日号 エリアトップへ

〈第45回〉渋谷氏ゆかりのコースを訪ねる45 あやせの歴史を訪ねて 綾瀬市史跡ガイドボランティアの会

掲載号:2018年9月7日号

  • LINE
  • hatena

 建暦3年(1213年)2月、泉親衡の謀議発覚以来、三浦・和田氏、別けても和田氏に対する北条義時の仕打ちは、主立った閣僚・御家人達でさえ眉を顰(ひそ)め、北条氏と和田氏の凄絶な暗闘を見守っていた。和田義盛、清廉剛直の士(ひと)であったが、駆け引きが巧みなわけでは無かった。計らずも一族の心を寄せ合った者達の一部から、義盛の動向が洩れていた。義盛とて、鎌倉の府で重きを成し幕閣を務める閣僚。初代将軍の妻、2代・3代将軍の母、北条政子の父方、遠く祖を同じくしていたが、幕府創業の頃は北条一族、力も発言力も三浦・和田一族に遠く及ばなかったのだが…。今、北条氏、義時、大きな権力を持ち、己の領土拡張の大きな障碍となっていた和田氏…。慎重を期していた義盛だったが、事が動向が洩れていたのでは躊躇している時では無かった。義盛、千軍万馬の将だった。かねてより連絡を取り合い、打合せを重ねた同志の氏族と合流している時がなかった。この時点で集まってくれた諸氏諸族の兵を引き連れて、義時打倒の雄叫びが全軍の頭上に届いていた。義盛、既にこの頃、老雄の域に達していた。この時、高重、今は命運を共にし北条家の専横を誅すべく、義盛の隊列の中で武者震いしながら、治承・寿永の戦いの頃、戦場を疾駆した自分、今、戦の場に赴きながら己の老いを禁じ得なかった。唯、命は惜しくは無かったが、三浦一族の結束に綻びが生じている事が気掛かりだった。この一番大事な時に!!和田義盛率いる軍勢は一路、鎌倉の府を目指し、主要な部署を包囲した。本来駆けつけて合流すべき大手の氏族達の到着が遅れ、義盛の作戦が胸中で齟齬をきたしていたが…!義盛、今、逡巡している時ではなかった。健保元年(1213年)5月2日、大音声に宣戦と戦いの正当性を布告した。義盛、老いたりとは言え一度(ひとたび)戦場に立てば、鎌倉幕府創業の功臣として、また侍所の別当として要職にあった将。甲冑を纏えば四囲を圧した。高重、今、隊列にあって、ここまで来た以上、微塵の迷いがあってはならないが、義盛の先刻よりの微かな不安と一致していたが…。今は唯、戦いの渦中に身を委ね、甲冑に包まれた重い身体だったが、北条方を圧倒して不死鳥の如く舞った。義盛、迂闊にもこの度の戦いに万端の準備が不足していた。助勢の遅れは別として、兵站の配慮が足りなかった。同族の三浦義村、固い誓約があったが反故にされ、心待ちにしていた来援の氏族達、北条義時の巧妙な離間策に鎌倉突入を果たせず、和田義盛、義時をあと一歩まで追い詰めるも、三浦一族の逆心の為、義時を討ち洩らす。義盛、千慮の一失だったか!?戦いは2回目に入ると、義盛側に不利となってきた。

【文・前田幸生】

綾瀬版のコラム最新6

路線バスっておもしろい!

連載

路線バスっておもしろい!

第6回 子供料金で乗車する高校生 路線バス運転士 坂井昭彦

4月19日号

あやせ名産品会の今

市制施行40年 特別短期連載

あやせ名産品会の今

Vol.1 高座豚手造りハム 〜「自然派王家」のこだわり〜

4月5日号

あやせの歴史を訪ねて

〈第52回〉渋谷氏ゆかりのコースを訪ねる52

あやせの歴史を訪ねて

綾瀬市史跡ガイドボランティアの会

4月5日号

路線バスっておもしろい!

連載

路線バスっておもしろい!

第5回 ブレーキを踏まない高速バス路線バス運転士 坂井昭彦

4月5日号

路線バスっておもしろい!

連載

路線バスっておもしろい!

第4回 恋人たちの別れ路線バス運転士 坂井昭彦

3月22日号

造園家が教えるガーデニングの豆知識

連載

造園家が教えるガーデニングの豆知識

第1回 植え替え

3月22日号

あやせの歴史を訪ねて

〈第51回〉渋谷氏ゆかりのコースを訪ねる51

あやせの歴史を訪ねて

綾瀬市史跡ガイドボランティアの会

3月8日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク