綾瀬版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

市内の交通事故が減少 高齢者の事故は増加

社会

 2018年の綾瀬市内の交通事故発生件数は、前年より31件少ない300件だったことが、大和警察署の集計で分かった。

 月ごとの交通事故発生件数では、4月までは前年を超えるペースで推移していたが、5月以降は8月(±0)と11月(+3件)を除き減少している。

 負傷者数は前年より24人少ない351人で、重傷・軽傷者ともに減少している。死亡事故は上土棚中の市道と深谷中の藤沢座間厚木線の2件で発生しており、普通乗用車と歩行者の衝突と、右折しようとした乗用車と直進した普通自動二輪車の衝突によるものだった。

 昨年は神奈川県内で交通事故件数、負傷者数とも前年より減少し、綾瀬市でも同様の傾向。近年増加傾向にある高齢者の交通事故は、綾瀬市内で昨年同数の108件となった。負傷者数は3人増の60人。前述した2件のうち、1件が高齢者の死亡事故だった。

綾瀬版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

綾瀬市ロケ地ツアー

綾瀬市ロケ地ツアー

参加者を募集

3月10日~3月10日

綾瀬版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク