綾瀬版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

意見広告 立腰(りつよう)と子育て「腰を立てた生活」を考えてみませんか? 笠間 信一郎

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 戦中・戦後に「やまとごころに基づく国民教育」を、主に西日本や満州国でリードかつ実践されてきた森信三先生は、ある時「21世紀の日本(大和民族)が生きのびるためには何が必要か」との問いに対し、『「立腰…腰を立てることだ」とお答えになった』と、ある講演録を拝聴して知りました。この「腰を立てる」ということについて、私は先生の修身授業録で読み知っておりました。

 一方、私は約4年前に「綾瀬の子供たちを見守る会」を結成し、3年前からは「小学生の学力向上」を目指して「五色百人一首の会」を綾瀬の有志と始めました。第20回は今月19日開催予定で、よくここまで続けられたものと大変満足しております。

五色百人一首での気づき

 この「五色百人一首の会」を通じて約800名の幼児・児童を見てきたわけですが、数々の発見を致しました。最大のものは、会を通じて「正しい正座をしなさい」と指導してきたことが、まさに前述の「腰を立てること」に通じている…否、「全く合致しているかもしれない」という事実の発見です。美しい正座ができる幼児は4〜5歳、そしてそれが成長するに従って崩れていき、中学生になり、高校生ともなると「もう手が付けられない」となってしまいます。

 これらのことから【1】「本能に従って育っていく乳幼児」が「理性に従って自由に勝手に安楽に育っていく」につれ立腰姿勢は崩れ、忘れられていく結果である。【2】家庭や親、学校の先生、医師などの「大人」が、「子育ての要諦である腰ヲ立テル」を忘れていることが原因であると、私は結論づけました。前述した森先生のお言葉の重要性に気付きました。ご神託にさえ思えます。

 延喜式内社「深見神社」は1500年以上の歴史を誇ります。その地域は更に1千年以上前から住民がいたはずです。この「歴史ある高座」の文化を受け継ぐ私たちは今、正しい後継者(子供たちや孫たち)を正しく育てているのでしょうか。今日は最高となる「令和元年、初日」です。時代の節目に、一度「皆でRITSUYOを見直す、考える」時ではないでしょうか。

笠間信一郎

神奈川県大和市大和南1-3-3スズビル3F

TEL:080-6565-7957

綾瀬版の意見広告・議会報告最新6

神奈川のまちづくり

県政報告

神奈川のまちづくり

神奈川県議会議員 つなしま洋一

1月1日号

所属委員会における活動内容

県政報告

所属委員会における活動内容

神奈川県議会議員 つなしま洋一

11月29日号

所属委員会における活動内容

県政報告

所属委員会における活動内容

神奈川県議会議員 つなしま洋一

8月23日号

立腰(りつよう)と子育て「腰を立てた生活」を考えてみませんか?

二期目の神奈川県会議員として

県政報告

二期目の神奈川県会議員として

神奈川県議会議員 つなしま洋一

5月1日号

「わがふるさとをあきらめない」

意見広告

「わがふるさとをあきらめない」

綾瀬市議会議員 笠間 昇

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク