綾瀬版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

連載 路線バスっておもしろい! 第18回 「だろう運転」の怖さ路線バス運転士 坂井昭彦

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

 バスの運転士になってある程度の期間(半年から1年くらい)になると、自分が少し運転が上手くなったような錯覚と慣れがでてきて、事故やミスを起こす運転士が比較的多く見られます。

 このくらいの道幅ならバスが通れるだろうとか、あの車は止まってくれるだろうとか、あのバス停から少し離れたところにいる人はバスに乗らないだろうという思い込みが比較的強く出てきがちです。実際、この時期に私も少し慣れてきて運転が上手くなったような錯覚をおこし、事故やミスを起こしてしまいました。

 交差点で右折車のトラックの左側を直進して通り抜けようとした時、このぐらいの幅なら通り抜けられるだろうと思い込み、トラックの横を通過したところ、トラックのミラーと私のバスのミラーが接触してしまいました。このように怖いのは行けるだろうとか、大丈夫だろうという判断が魔物で、行けないかもしれない、無理かもしれないという「かもしれない運転」をすることが大切だと思います。

 脇から車や人が出てこないだろうではなく、出てくるかもしれないとか前を走っている車が急に止まるかもしれないといったように・・・。

 そうすると、おのずと人や車の多いところでは、いつもより減速や徐行をして走り、充分な車間距離を空けて走るようになると思います。だろう運転の怖さを知っている運転士は、かもしれない運転を実施することによって事故を減らしていると思います。車を運転する人は、このことをぜひ参考にして下さい。

 運転がうまいから無事故ではなく、かもしれない運転で常に危険を予知しながら慎重に運転することが、バスの運転士にとって大切なことだと思います。私は身をもってこのことを体験し、今では自分なりに、かもしれない運転を実施して安全運転に努めています。「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」で。なんて、ちょっと偉そうに書き過ぎちゃったかな?
 

随時更新中!

催し物日程のお知らせや地域情報

https://ayase-bunka.com/

<PR>

綾瀬版のコラム最新6

路線バスっておもしろい!

連載

路線バスっておもしろい!

第19回 車椅子のお客様 路線バス運転士 坂井昭彦

11月15日号

あやせ楽屋帳vol.9

あやせ楽屋帳vol.8

路線バスっておもしろい!

連載

路線バスっておもしろい!

第17回 深夜バスでの出来事路線バス運転士 坂井昭彦

10月18日号

あやせ楽屋帳vol.7

路線バスっておもしろい!

連載

路線バスっておもしろい!

第16回 制服について思うこと路線バス運転士 坂井昭彦

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

綾瀬の魅力楽しむ

産業まつり

綾瀬の魅力楽しむ

24日に産業フェア

11月24日~11月24日

綾瀬版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク