横須賀版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

(PR)

皮膚の症状「乾癬(かんせん)」とは 11月15日 メルキュールホテルで公開講座

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena
皮膚が赤く盛り上がる紅斑(こうはん)
皮膚が赤く盛り上がる紅斑(こうはん)

全国に10万〜20万人の患者がいると言われる「乾癬」

 白く細かいかさぶたのような鱗屑(りんせつ)が「フケのようにぽろぽろと剥がれ落ちる」「皮膚が赤く盛り上がる紅斑(こうはん)ができる」。「乾癬」はこのような症状が、頭皮やヒザ、ヒジなどの人目に付きやすい場所に現れる皮膚の病気。日本でも、約10万〜20万人の患者がいると言われているが、「乾癬」の認知度はまだ低いという。

皮膚科専門医が最新治療を説明

 横須賀市医師会と、ヤンセンファーマ(株)(東京都千代田区)が共催する「乾癬 疾患と治療に関する市民公開講座」が、11月15日(土)、メルキュールホテル横須賀4階「ヴェルサイユ」で開催される。参加無料。予約不要。時間は午後1時半から4時(午後1時開場)。

 当日は、二部構成になっている。第一部は、神奈川乾癬友の会・日本乾癬患者連合会の奥瀬正紀氏と、聖路加国際病院の皮膚科部長、衛藤光氏による講演。「乾癬」の実情や、最新治療について詳しく話が聞けるという。

 第二部は、横須賀共済病院の皮膚科部長、内田敬久氏が司会となり、参加者から質問を募集。「乾癬」の疑問や相談に応じてくれる良い機会だ。

 「乾癬はうつる病気だと誤解されることがある。フケのように見えるため、人目が気になり、多くの患者さんを苦しめている」と内田氏。参加希望の人は、直接会場へ。
 

横須賀乾癬市民公開講座事務局

kansen11yokosuka@gmail.com

http://www.kansennet.jp/

横須賀版のピックアップ(PR)最新6

按針でつながる人と町

逸見浄土寺

按針でつながる人と町

「按針四〇〇回忌」を盛大に

10月11日号

佐島に誕生した理想の楽園

佐島に誕生した理想の楽園

地域開放型サードプレイス

10月11日号

不動産オーナー向け無料セミナー

相続・空家・入居者トラブル

不動産オーナー向け無料セミナー 経済

ウスイホーム主催で2会場

10月11日号

生前準備 はじめの一歩

エンディングノート/相続学習会

生前準備 はじめの一歩

10月11日号

片付け不要で古家売却

ウスイホーム

片付け不要で古家売却

状況問わず即現金化

10月11日号

未来の教育 横須賀から発信

三浦学苑

未来の教育 横須賀から発信

創立90周年記念 教育シンポジウム

10月4日号

逗子で人気のシニアマンション

逗子で人気のシニアマンション

10/19〜27秋の見学会開催 逗子ヘルス・ケア・マンション

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク