横須賀版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 「まん延防止」飲食店に打撃

    「まん延防止」飲食店に打撃 経済

    酒類出せず売上減に拍車

     横須賀市は今月12日から、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ「まん延防止等重点措置」の対象地域に追加された。各業種の中でも午後8時までの時短営業や酒類...(続きを読む)

    5月14日号

  • ブームでは終わらせない

    三浦半島フードトラック協会

    ブームでは終わらせない 経済

    キッチンカー支援団体設立

     コロナ禍で”三密”を回避した飲食店の新たな販路として横須賀市も支援に乗り出すなど、注目が高まっているキッチンカー。事業者自らが主体となり新規参入を希望する事業...(続きを読む)

    5月14日号

  • 中学生に「放課後の居場所」

    一般社団法人sukasuka-ippo

    中学生に「放課後の居場所」 教育

    学習支援を軸に久里浜で新事業

     一般社団法人「sukasuka―ippo(すかすかいっぽ)(五本木愛代表)」は4月から中学生の学習サポート事業を始めている。授業についていくのが難しいと感じて...(続きを読む)

    5月7日号

  • ゴミ分別「楽しく学ぶ」

    猿島

    ゴミ分別「楽しく学ぶ」 社会

    CFでエコステーション新設

     東京湾に浮かぶ無人島・猿島で、ごみの減量や資源リサイクルを楽しく学ぶためのエコステーション設置が進められている。猿島航路を運航する(株)トライアングルほか11...(続きを読む)

    5月7日号

  • 御朱印求め身近な旅

    開運半島詣り

    御朱印求め身近な旅 社会

    「龍神信仰」でつながる3社

     三浦半島に鎮座する3つの神社が連携して「開運半島詣り」と題した地域散策企画をスタートさせた。浦賀・西叶神社、三崎・海南神社、葉山・森戸大明神の3社をめぐり、そ...(続きを読む)

    4月30日号

  • 空き店舗に住民つなぐカフェ

    長沢

    空き店舗に住民つなぐカフェ コミュニティ社会

    間借り営業から独自店舗開設

     京急長沢駅前「サンリヴ商店会」にある地域コミュニティ拠点「サンカフェ広場」が先月中旬、かつて空き店舗だった文具店に移転開設した。これまで居酒屋の営業時間外...(続きを読む)

    4月30日号

  • 天高く「平和の光」

    平和中央公園新モニュメント

    天高く「平和の光」 社会

    毎月1日の日没後に上空照射

     横須賀市は今月19日、今春リニューアルオープンした「平和中央公園」(深田台19)内の新設モニュメントを初披露した。同公園のシンボルとして30年近く存在した平和...(続きを読む)

    4月23日号

  • 若年女性の立ち直り支援

    若年女性の立ち直り支援 社会

    元養護教諭シェアハウス開設

     家庭内での虐待やネグレクト、過干渉などで居場所を失ったり、コロナ禍で雇い止めになり金銭的に困窮する18歳から29歳までの女性により良い生活への足掛か...(続きを読む)

    4月23日号

  • ワクチン接種 動画を活用

    横須賀市

    ワクチン接種 動画を活用 社会

    市コロナ対策担当者が解説

     横須賀市は新型コロナウイルスワクチンについて、市民が接種に関する情報を手軽に入手できる取り組みを始めている。説明動画の作成のほか、接種情報の周知・拡散に民生委...(続きを読む)

    4月16日号

  • 手軽な移動で回遊性向上

    観音崎京急ホテル

    手軽な移動で回遊性向上 経済

    電動キックボード貸し出し

     小回りが利き、”三密”を避けた新たな観光スポット巡りの手段として、観音崎京急ホテルで電動式キックボードのシェアサービスが今月12日から始まった。京浜急行電鉄株...(続きを読む)

    4月16日号

  • 「働く+休暇」に熱視線

    「働く+休暇」に熱視線 経済

     「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた新しい働き方である「ワーケーション」が脚光を浴びている。普段の職場を離れ、風光明媚な環境でリラックス...(続きを読む)

    4月9日号

  • 道路の損傷 LINEで通報

    横須賀市

    道路の損傷 LINEで通報 社会

    市民が投稿、早期対応へ

     横須賀市は今月1日から、コミュニケーションアプリLINEを使った道路損傷報告を始めた。市民からの写真や現場状況の情報提供で、早期発見と迅速な対応につなげる。...(続きを読む)

    4月9日号

  • 「横須賀の恩人」偉業を回顧

    デッカー司令官

    「横須賀の恩人」偉業を回顧 社会

    市民グループがパネル展示

     横須賀の戦後復興に力を尽くした米海軍横須賀基地4代目司令官、ベントン・デッカー氏の功績を振り返る回顧展が本町の市民活動サポートセンターで開かれている...(続きを読む)

    4月2日号

  • 「地域密着型バスタ」整備へ

    追浜駅前

    「地域密着型バスタ」整備へ 経済

    バス停集約、駅直結の複合施設

     横須賀市と国土交通省関東地方整備局は先月19日、追浜駅前機能強化整備の事業計画を策定した。バス停を集約し公共施設・商業施設を立体的に配置した「地域密着型バスタ...(続きを読む)

    4月2日号

  • 「眠る戦跡」一般公開へ

    貝山地下壕

    「眠る戦跡」一般公開へ 文化

    認定ガイドが案内

     横須賀市は、追浜にある戦争遺跡「貝山地下壕」の一般公開を開始する。現地は2011年の東日本大震災以降、安全管理と整備工事ため閉鎖されていた。市は、市...(続きを読む)

    3月26日号

  • コロナ生還 実体験レポ

    市内在住佐竹さん

    コロナ生還 実体験レポ 社会

    体調変化、隔離入院生活を本に

     新型コロナに感染したらどうなるのか──。症状、隔離入院中の生活、医療現場の様子、家族との関係などをまとめた電子書籍『新型コロナウイルス感染記』=写真=を横須賀...(続きを読む)

    3月26日号

  • 市指定文化財、新たに3件

    横須賀市

    市指定文化財、新たに3件 文化

    按針念持仏とされる銅像も

     横須賀市教育委員会は今月4日の定例会で、3件の有形文化財を市の指定文化財に指定することを議決した。浄土寺(西逸見町)の所蔵する銅造観音菩薩立像、長島雪操筆の紙...(続きを読む)

    3月19日号

  • 活性化の援軍にマリノス

    久里浜商店会

    活性化の援軍にマリノス 経済

    PRビデオやグッズ使用など

     久里浜商店会協同組合は、プロサッカーチーム「横浜F・マリノス」と統合型リゾート施設の運営などを行う「メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン」が...(続きを読む)

    3月19日号

  • 誕生経緯と技術開発

    幻の戦闘機秋水

    誕生経緯と技術開発 社会

    横須賀美術館で資料展示

     太平洋戦争末期に旧日本陸海軍が共同開発し、追浜の海軍航空隊飛行場から試験飛行に飛び立ったロケット戦闘機「秋水」に関する展示が横須賀美術館で開かれている。会期中...(続きを読む)

    3月12日号

  • 飲食店支援 今とこれから

    横須賀市

    飲食店支援 今とこれから 社会

    庁舎内販売継続望む声も

     緊急事態宣言延長に伴い、依然厳しい商業環境に置かれている飲食店。横須賀市はそうした飲食店支援に向け、庁舎内で弁当や総菜品などを販売する事業者を募り、即席のテイ...(続きを読む)

    3月12日号

  • 芦名漁港で無許可の占用

    芦名漁港で無許可の占用 経済

    市議会で小林市議が違法性指摘

     公共水域の芦名漁港で民間事業者による無許可の埋立、占用が行われている―。この問題が今月1日の3月定例議会の一般質問に上がった。マリーナ会社によるクルーザーの係...(続きを読む)

    3月5日号

  • 上地市長が続投の意思

    横須賀市長選

    上地市長が続投の意思 政治

    会期中の市議会 対応問われ

    「市民のために働きたい」 横須賀市の上地克明市長は先月24日、今年6月に控える市長選挙で再選をめざす考えを表明した。新年度...(続きを読む)

    3月5日号

  • 造船のまち、市井の営み

    地域映画

    造船のまち、市井の営み 教育

    蘇る昭和40~50年代の浦賀

     浦賀奉行所開設300周年記念事業の一つとして、浦賀小学校の6年生が制作に挑んだ地域映画『浦賀の映画学校』が先ごろ完成した。昭和40〜50年代の浦賀の様子や市...(続きを読む)

    2月26日号

  • 10年経っても続く支援

    東日本大震災

    10年経っても続く支援 社会

    コロナ禍で復興願う市民団体

     未曽有の被害をもたらした東日本大震災。2011年3月11日の発災から10年が経過しようとする今もなお、被災地への復興支援に力を注ぐ人たちがいる。新型コロナ感染...(続きを読む)

    2月26日号

  • 「一刻も早く一人でも多く」

    横須賀市

    「一刻も早く一人でも多く」 社会

    新型コロナ予防接種、個別を主体に

     横須賀市は今月15日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、市内医療機関での個別接種を主体に集団接種を並行する「分離型体制」で進める方針を明らかにした。集...(続きを読む)

    2月19日号

  • 一般会計予算1595億円

    横須賀市

    一般会計予算1595億円 政治

    コロナ対策、経済回復に積極投資

     横須賀市の上地克明市長は今月10日、2021年度の当初予算案を発表した。一般会計予算は1595億1千万円で前年比1・1%の伸率。主な歳出として、新型コロナウイ...(続きを読む)

    2月19日号

  • 「圧倒的な花畑」に変貌

    ソレイユの丘

    「圧倒的な花畑」に変貌 経済

    事業者交代 23年4月に再オープン

     横須賀市は今月5日、長井海の手公園(ソレイユの丘)の次期事業者を、全国で花を基軸とした事業を展開する(株)日比谷花壇を中心とした「エリアマネジメント...(続きを読む)

    2月12日号

  • 神奈川県警

    "動く交番"4月試験運用 社会

    警察車両活用で見守り

     神奈川県警察は交番の老朽化や警察官の人員不足等の課題解消に向け、4月1日から県内12カ所で警察車両を活用した「アクティブ交番」の試験運用を開始する。...(続きを読む)

    2月12日号

  • 「廃棄大根を救え」

    「廃棄大根を救え」 経済

    豊作とコロナ禍の需要低迷で苦境

     新型コロナウイルス感染症拡大による外食需要低迷や温暖化による収穫量の増加など、三浦半島地域の農家では「供給過多」に頭を悩ませている。行き場がなく廃棄せざるを得...(続きを読む)

    2月5日号

  • 女子サッカー普及拡大へ

    女子サッカー普及拡大へ スポーツ

    多様な受け皿、地元チームが本腰

     横須賀を拠点に活動している女子サッカーチーム「NPO法人横須賀シーガルズスポーツクラブ」が、女子サッカーの普及に本腰を入れる。男子と比べて競技人口の少なさが目...(続きを読む)

    2月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter