横須賀版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 「郵送でも申請できます」

    特別定額給付金

    「郵送でも申請できます」 社会

    5月末頃に書類発送予定

     国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」の申請受付が、横須賀市では5月7日からオンライン上で開始となった。これに伴い、申請に必要となるマイナンバーカード...(続きを読む)

    5月22日号

  • 妊活相談「LINE」で

    横須賀市

    妊活相談「LINE」で 社会

    無料通信アプリ活用、自治体では初導入

     横須賀市は今年度の新規モデル事業として、5月13日から無料通信アプリの「LINE」による妊活や不妊に関する相談を始めた。自治体初の取り組みで、妊活コンシェルジ...(続きを読む)

    5月22日号

  • 来年2月で営業終了

    さいか屋横須賀店

    来年2月で営業終了 経済

    売り上げ回復めど立たず

     さいか屋横須賀店が2021年2月で閉店することが決まった。合わせて35歳以上の社員120人程度を対象に希望退職者を募ることも発表した。同社は「創業の地である横...(続きを読む)

    5月15日号

  • 「パチンコ誕生」探求の集大成

    桜が丘在住杉山さん

    「パチンコ誕生」探求の集大成 文化

    自宅改修して私設博物館

     大衆娯楽の王様であるパチンコのルーツ解明に挑んだ研究成果の集大成として、市内桜が丘在住の杉山一夫さんが自宅の一角を改修して「パチンコ誕生博物館」を開設した。昭...(続きを読む)

    5月15日号

  • テイクアウト代行します

    テイクアウト代行します 経済

    「ステイホーム」の新ニーズ捉え

     新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛で厳しい経営環境に置かれている飲食業界。弁当やオードブルといったテイクアウト商品の販売を始める店舗が増える中、持...(続きを読む)

    5月1日号

  • 人材確保に技能実習生

    介護事業者スマイル

    人材確保に技能実習生 経済

    インドネシアから男女5人

     介護分野の担い手不足が加速する中で、外国人材の活用が進んでいる。横須賀・横浜市内を中心に介護事業を展開する株式会社スマイルでは、3月から5人のインドネシア人技...(続きを読む)

    5月1日号

  • 「好みの絵本、選びます」

    「好みの絵本、選びます」 文化

    年齢や興味に合わせてオーダー

     新型コロナウイルス感染症の予防で外出自粛が広がる中、市内の絵本専門店では、選書と配送のサービスを始めた。来店客の減少も理由にあるが、「家に居る時間が長くなる中...(続きを読む)

    4月24日号

  • 頼みの綱は「持ち帰り」

    頼みの綱は「持ち帰り」 経済

    外出自粛で苦境の飲食店

     新型コロナウイルスの感染拡大で客足が落ち込む飲食店が、テイクアウトやデリバリーに活路を見いだそうと必死だ。看板メニューを弁当仕様にアレンジして提供する店舗もあ...(続きを読む)

    4月24日号

  • 「家庭学習どうしてる?」

    学校休校

    「家庭学習どうしてる?」 教育

    市立小中はプリント中心

     新型コロナウイルスの感染予防のため、横須賀市内の小・中学校、高校はいずれも5月6日まで休校となっている。授業の休止が長期化する中、家庭での過ごし方、特に学習の...(続きを読む)

    4月17日号

  • 来訪の証「御城印」いかが

    来訪の証「御城印」いかが 文化

    三浦一族ゆかりの4城制作

     三浦一族ゆかりの山城を題材にした「」を、三浦一族城郭保存活用会が制作した。同会の会長で”山城ガールむつみ”の愛称で歴史散策ツアーなどを手掛けている久里浜出身の...(続きを読む)

    4月17日号

  • 代替策は動画配信

    代替策は動画配信 社会

    新型コロナ禍で中止企画

     新型コロナウイルスの感染拡大で活動がままならない事業者や団体が、インターネット動画を利用した発信に取り組んでいる。これまでのサービスの代替手段として活用されて...(続きを読む)

    4月10日号

  • 自転車道を可視化

    自転車道を可視化 社会

    矢羽根印 海岸線沿いなどに

     野比や秋谷の海岸線沿いなど、市内の国道に矢羽根型の青色のマークが出現している。これは神奈川県を含む6県の太平洋岸を結ぶ「太平洋岸自転車道」の一環で、自転車によ...(続きを読む)

    4月10日号

  • 広がる禁煙「吸える場所は」

    受動喫煙対策

    広がる禁煙「吸える場所は」 社会

    4月から飲食店など対象に

     国の健康増進法一部改正により、多数の人が利用する施設では原則的に屋内での喫煙が禁止となった。4月1日から対象となったのは飲食店やオフィス・事業所、ホ...(続きを読む)

    4月3日号

  • エンタメ直撃「でも負けない」

    エンタメ直撃「でも負けない」 経済

    新型コロナ禍で音楽人ら

     とどまることを知らない新型コロナウイルス禍が、横須賀市内のエンタメ業界に冷や水を浴びせている。ライブハウスは休業となり、発表の場を失った演者らも苦しい立場に追...(続きを読む)

    4月3日号

  • 背負うは武次郎義国

    横須賀ジーンズ商会

    背負うは武次郎義国 文化

    墨絵刺繍の新スカジャン

     横須賀発のアパレルブランド「横須賀ジーンズ商会」は、武にある一騎塚の地名の由来となっている鎌倉時代の武将、武次郎義国(たけじろうよしくに)を墨絵化したオリジナ...(続きを読む)

    3月27日号

  • 養育費不払い「許さない」

    横須賀市

    養育費不払い「許さない」 社会

    ひとり親世帯の支援事業

     横須賀市は新年度から、養育費確保に向けた支援事業に乗り出す。子どもの養育費を受け取れないひとり親世帯が経済的に困窮するケースを、行政が介入することで未然に防ぐ...(続きを読む)

    3月27日号

  • 地域の「困りごと」 専門窓口へ

    横須賀市

    地域の「困りごと」 専門窓口へ 社会

    田浦に続き浦賀でモデル実施

     横須賀市は、4月から浦賀行政センターに「生活相談担当窓口」を設置する。地域住民の抱える”困りごと”に対応する常設の窓口で、今年度は田浦行政センターでモデル実施...(続きを読む)

    3月20日号

  • 商店が地域の主役

    横須賀商工会議所

    商店が地域の主役 経済

    空き店舗で「集いの場」づくり

     横須賀商工会議所は、増え続ける空き店舗の対策として、「まちの寄(やどりき)」づくり事業に取り組んでいる。店舗営業を通じて地域コミュニティの創出を促進するオーナ...(続きを読む)

    3月20日号

  • 夢を叶える秘密基地

    汐入町

    夢を叶える秘密基地 社会

    若者が集うシェア施設

     増え続ける空き家などの社会課題に取り組む大学生、三田希美子さんが中心となって一般社団法人「NELD(ネルド)」を設立した。汐入町5丁目の谷戸に並んで立つ2軒の...(続きを読む)

    3月13日号

  • コロナに負けるな

    コロナに負けるな 社会

    知恵絞り「やれること」各所で

     新型コロナウイルスの感染拡大防止対応を受け、横須賀市内の教育機関で一斉休校の措置がとられる中、子どもたちの過ごし方や居場所確保に一役を買おうと、個人や団体が独...(続きを読む)

    3月13日号

  • コロナ対応に苦慮

    学童保育

    コロナ対応に苦慮 教育

    小学校休校で8時間開所

     新型コロナウイルス感染症防止のため、横須賀市では2月28日付けの政府要請を受け、今月3日から全ての市立学校で休校措置を取っている。日中、保護者が自宅にいない児...(続きを読む)

    3月6日号

  • 須長選手、五輪代表に内定

    セーリングRSX級

    須長選手、五輪代表に内定 スポーツ

    39歳のベテランが2大会ぶり

     2020東京五輪のセーリング種目「ウインドサーフィン女子RSX級」の日本代表に、田浦町在住の須長由季選手(ミキハウス所属)が内定した。先月29日、オーストラリ...(続きを読む)

    3月6日号

  • 40年の歩みに区切り

    大楠高校

    40年の歩みに区切り 教育

    最後の思い出に壁面アート

     県立高校の再編・統合により40年の歴史に幕を下ろす大楠高校。3月に迎える最後の卒業式を前に、現役生や卒業生から別れを惜しむ声があがっている。...(続きを読む)

    2月28日号

  • イベント直撃 中止や延期

    新型肺炎

    イベント直撃 中止や延期 社会

    上地市長「市主催は6月まで」

     新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めようと、横須賀市の上地克明市長は今月18日、市主催のイベント・集会を中止または延期する前提で対応していく方針を発表した。...(続きを読む)

    2月28日号

  • 福祉・子育てに注力

    横須賀市新年度予算

    福祉・子育てに注力 社会

    総合窓口開設、ひとり親支援など

     横須賀市の上地克明市長は今月13日、2020年度予算案を発表した。一般会計は、総額1578億円で前年度比5・3%減となるも過去3番目の規模。高齢者・障害者につ...(続きを読む)

    2月21日号

  • 賑わい創出に新機軸

    市内2公園

    賑わい創出に新機軸 経済

    屋外映画やサウナ、スケート

     街の「公園」を賑わい拠点に―。衣笠商店街内の「キッズパーク」など公共スペースの遊具・デザインを手掛ける株式会社コトブキ、株式会社パークは、市内2つの公園で空間...(続きを読む)

    2月21日号

  • アプリ活用し移動を支援

    アプリ活用し移動を支援 社会

    車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

     「誰もが移動を諦めない世界へ」―。全日本空輸(株)・京浜急行電鉄(株)・横須賀市・横浜国立大学は今月7日、障害や高齢などさまざまな理由で交通機関の移動にためら...(続きを読む)

    2月14日号

  • 機能移転で既存棟解体へ

    聖ヨゼフ病院新棟完成

    機能移転で既存棟解体へ 文化

    戦前の建築、凹曲面が特徴 

     緑が丘の聖ヨゼフ病院は、来月24日から新棟での診察を開始する。これに際し、現在の本館は今夏をめどに解体する見込み。前身は旧日本海軍が手掛けた横須賀海仁会病院の...(続きを読む)

    2月14日号

  • 復興願い続けるつるし雛

    復興願い続けるつるし雛 文化

    有志が制作 被災地の子どもへ

     横須賀国際交流協会の運営委員を務める鴨居在住の眞汐優子さんら有志は、2011年の東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市や岩手県陸前高田市の子どもたちの成長を願い...(続きを読む)

    2月7日号

  • 還暦ギフトに「赤スカジャン」

    還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

    干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

     横須賀ファッションの代名詞「スカジャン」を還暦仕様にアレンジした「還(かん)ジャン」をドブ板通りの服飾店が開発した。還暦祝いのテーマカラーである「赤色」をベー...(続きを読む)

    2月7日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク