横須賀版 掲載号:2020年4月10日号 エリアトップへ

市政報告連載第1回 無会派となったご報告 横須賀市議会議員 小林のぶゆき

掲載号:2020年4月10日号

  • LINE
  • hatena

●大切なものをまもるために

 このたび私は、所属する市議会会派「よこすか未来会議」を離団し、無会派となりました。理由は、会派の中の仲間割れではありません。会派の外の問題です。

 「闘うべき時に声をあげなければ、大切なものをまもれない」。そう考え、闘うことで会派に迷惑をかけないよう決意しました。

●自由な言論が萎縮

 では、何が問題なのか? このところ、頑張る若手議員に対する「言葉狩り」「言論封殺」のような風潮が市議会で目に余るのです。

 一体、何が起きているのか? 私のブログ4月2日付の記事に実名入りで詳しく書きました。ご覧ください。

●若手よりもコロナを叩け

 議員の仕事は、陰湿な干渉や嫉妬ではありません。市民の願いを形にすることです。

 今なら、コロナウイルス対策のために他市のような特別委員会を開き、市として何をすべきか調査や議論すること。みなさんはそれを求めているのではないでしょうか? 前市長に対する百条委員会では、外部有識者も招聘し、議員間討議も熱心に行われました。しかし、「政敵」を追いやった後は、その情熱が失われてしまったかのようです。

 非公開の会議で、真摯にコロナ対策を協議していることを私は知っています。しかし、市民から見えなければ「密室政治」と見られかねません。「議会にはもっとできることがあるはずだ」という焦りが私にはあります。

●今後も、みえる。わかる。かわる。

 無会派→第5会派→最大会派と経てきましたが、会派所属後は仲間のありがたみや多数の良さもあり、丸く収めてきました。ただし、牙を抜かれたわけでなく、爪と政策を研いでいたつもりです。市民のため必要な時には、闘い、言論と民意反映をまもりたい。

 私の政治信条は、みえる。わかる。かわる。もう一度、無会派に戻って、市役所と市議会を「見える化」します。今後、月1回で連載する予定です。

【連絡先】野比2の13の18/【携帯電話】070・6640・3927

小林のぶゆき

横須賀市野比2-13-18

TEL:070-6640-3927

http://kobayashinobuyuki.com/

横須賀版の意見広告・議会報告最新6

休業要請事業者対象に県の助成金スタート

無会派となったご報告

市政報告連載第1回

無会派となったご報告

横須賀市議会議員 小林のぶゆき

4月10日号

災害対策・地位協定・感染予防

県政報告【3】

災害対策・地位協定・感染予防

立憲民主党・民権クラブ神奈川県議会議員野田はるみ

2月21日号

県営住宅「入居者資格要件」緩和へ

県政報告

県営住宅「入居者資格要件」緩和へ

住宅困窮者対応と空室解消

2月14日号

「チーム横須賀」で力を合わせて

活動報告

「チーム横須賀」で力を合わせて

横須賀市議会議員 山本けんじゅ(自民党)

1月10日号

「住んで良かった」と思える街に

市政報告

「住んで良かった」と思える街に

横須賀市議会議員 大野 忠之

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク