三浦版 掲載号:2013年9月6日号
  • googleplus
  • LINE

三浦藤沢信金 新名称「かながわ信金」へ 関東財務局の認可受け

 三浦藤沢信用金庫はこのほど、関東財務局から名称変更の認可を受け、来年1月6日から「かながわ信用金庫」としてスタートすると発表した。先月14日に平松廣司理事長(=写真)が関東財務局横浜財務事務所の井上泰延所長から認可書の交付を受けた。名称変更は地域での存在力強化と営業エリアの広域化に伴うもの。同信金では来年6月、綾瀬市に新規出店を計画。新たな地域への将来展開も視野に入れており、「発展的・創造的なイメージのある名前を選んだ」と平松理事長は説明している。今後は融資を通じた資金提供を主軸に、コンサルティング業務の充実やシンクタンクの設立などで中小企業の経営支援体制の強化を図る。

平松理事長一問一答

--名称変更は大きな経営判断です。

 「現状の営業体制と将来展開を考えた上で決断の時期だと考えた。経営者として地域の経済情勢、人口動態を鑑みて新しい需要を求めていくのは当然のこと。取引先を支援するには自分自身が体力をつけなければならない」

--本部機能はそのままです。

 「合併から23年。横須賀・三浦・藤沢は特別な場所という気持ちは変わらない。新たに作成するロゴマークのデザインには『三浦藤沢』の名残をとどめた。地元を愛する気持ちを忘れない、というメッセージを込めている」
 

三浦版のローカルニュース最新6件

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

7月は未就学児無料

大磯ロングビーチオープン

7月は未就学児無料

7月20日号

夏例大祭の歴史網羅

平和考える2日間

見て食べて知って、海の駅

第7分団が出場

県消防操法大会

第7分団が出場

7月20日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク