三浦版 エリアトップへ

人物風土記の記事一覧

  • 大場 育子さん

    介護経験をつづった「育ちゃんの介護人生の道」を上梓した

    大場 育子さん

    金田出身 50歳

    「人が好き」原点を胸に ○…30歳を目前にして始まった認知症の義母の介護。そこから踏み出した“介護人生”をテーマにしたエッ...(続きを読む)

    4月3日号

  • 杉崎 悠子さん

    三浦市社会福祉協議会職員で、第4次地域福祉活動計画の策定を主導した

    杉崎 悠子さん

    菊名在勤 31歳

    「地域福祉をもっと身近に」 ○…住民や関係機関らが連携して取り組む地域福祉活動の指針をまとめた「地域福祉活動計画」。その第...(続きを読む)

    3月20日号

  • 瀧村 治雄さん

    川崎市全町内会連合会会長に就任した

    瀧村 治雄さん

    高津区在住 82歳

    「向こう三軒両隣、大切に」 ○…近年、自治会や町会の加入率の低下が課題となる中、昨年の台風では重要性が再認識されたことに「...(続きを読む)

    3月13日号

  • 黒田 美結さん

    三崎をモチーフにしたオリジナルの絵画作品を制作する

    黒田 美結さん

    三崎在住 18歳

    ”三崎愛”可愛くアートに ○…緻密なイラストデザインのなかに見え隠れする、スイカや波間から昇る太陽などの三崎の風景。曼荼羅...(続きを読む)

    3月6日号

  • 渡辺 清子さん

    三浦修道院の代表を務める

    渡辺 清子さん

    金田在住

    苦しみ喜び分かち合う ○…金田の小高い丘に佇む木造和風の建物。そこでシスターたちが、共同生活を送る修道院の代表を務める。珍...(続きを読む)

    2月21日号

  • 渡邉 亜紀さん

    静岡県の女子サッカーユースチーム監督で、競技普及に取り組む

    渡邉 亜紀さん

    城山町出身 45歳

    サッカー愛に一本気 ○…静岡県藤枝市にある藤枝順心高校女子サッカー部の下部組織(ユースチーム)の監督を務める。同校は先月の...(続きを読む)

    2月7日号

  • 石井 昭男さん

    中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手

    石井 昭男さん

    三崎出身 64歳

    人生変えた出会いに感謝 ○…「『負けるが勝ち』。この歳になってその意味が分かった」。半世紀以上、歩みを共にしてきた野球から...(続きを読む)

    1月24日号

  • 香山 賢一郎さん

    三浦青年会議所(三浦JC)第59代理事長に就任した

    香山 賢一郎さん

    三崎在住 37歳

    「全身全霊」体現誓う ○…所信表明で掲げたスローガンは、座右の銘でもある「全身全霊〜己を鼓舞し、愛する地域のために〜」。難...(続きを読む)

    1月10日号

  • 吉川裕之さん

    クラリネット奏者として活躍する

    吉川裕之さん

    下宮田在住 36歳

    演奏家の矜持、胸に秘め ○…「今、この瞬間、世界中で流れる音楽のなかで一番美しい音色を奏でる」。かつての師事先での教えを胸...(続きを読む)

    12月13日号

  • 田中 史郎さん

    陶芸工房「夢窯」の共同代表のひとり

    田中 史郎さん

    海外町在住 69歳

    人知及ばぬ美に心惹かれ ○…夢野頓坊農業、通称「夢窯」。故・黒田千里氏が創立した穴窯を構える小さな工房には、陶芸を趣味とす...(続きを読む)

    11月29日号

  • 鈴木 金太郎さん

    三浦商工会議所の会頭に就任した

    鈴木 金太郎さん

    小網代在住 72歳

    人つなぎ、集う三浦に ○…3期9年務めた寺本前会頭から重責を引き継ぎ、三浦商工会議所の会頭に就任した。人口減少や地域経済の...(続きを読む)

    11月15日号

  • 豊岡 誠司さん

    矢作海岸で丸太からカヌー作りに挑戦している

    豊岡 誠司さん

    逗子市在住 54歳

    遊び心でつなぐ文化 ○…南伊豆の山から切り出された1トンもあるセコイアの大木から、アウトリガー・カヌーを矢作海岸にあるビー...(続きを読む)

    11月1日号

  • 菊池 恵さん

    三浦市人権擁護委員の会長を務める

    菊池 恵さん

    菊名在住 71歳

    人権尊び、幸せな社会に ○…人間が人間らしく幸せに生きる、すべての人が生まれながらにして持つ権利―「人権」。その権利を守る...(続きを読む)

    10月18日号

  • 國井(くにい) 久嗣(ひさし)さん

    城ヶ島で初開催される音楽イベント「Sunset Crimson2019」実行委員長の

    國井(くにい) 久嗣(ひさし)さん

    町田市在住 43歳

    「好き」を突きつめ形に ○…2014年から5年間、三崎で開いてきた音楽イベント「芋煮ロックフェスティバル」をひと区切りさせ...(続きを読む)

    10月4日号

  • 藤臣 美弥子さん

    古本市「三崎ブックポート」を主催する

    藤臣 美弥子さん

    菊名在住

    港町に集い結ぶ本と人 ○…人と人、人と本が出会い、交流し、また次の場所へ。開催地の港町三崎になぞらえて「三崎ブックポート」...(続きを読む)

    9月20日号

  • 長田 翔一さん

    今月末、自主企画コンサートを開催するピアニストの

    長田 翔一さん

    原町在住 25歳

    奏で伝える音楽の魅力 ○…「都内や横浜に行かなくても、三浦で生の音楽にふれる場を」。今月末から定期開催する自主企画コンサー...(続きを読む)

    9月6日号

  • 上田 博幸さん

    8月13日・14日に市民交流センターで、自身初の美術作品展を催す

    上田 博幸さん

    南下浦中学校教諭 39歳

    美術に一途、”不惑”の個展 ○…「個展をやるなら40歳の節目に」。30年以上前に美術の道に進みたいと志してから、今日まであ...(続きを読む)

    8月9日号

  • 草川 晴夫さん

    三浦市観光協会の新会長に就任した

    草川 晴夫さん

    小網代在勤 64歳

    「挑戦は時を選ばない」 ○…農業、水産業に並ぶ市内の基幹産業である観光産業。三浦には年間600万人超が来遊し、その観光消費...(続きを読む)

    7月26日号

  • 石井 仁美さん

    三浦市手話サークルともしび会の会長を務める

    石井 仁美さん

    諸磯在住

    言葉と思い、手話に込めて ○…手話の普及と技術向上、聴覚障がいへの理解促進を目的に、1975年に発足した「三浦市手話サーク...(続きを読む)

    7月12日号

  • 今井 正純さん

    写経会・ケルトハープ演奏会を開いた三樹院住職の

    今井 正純さん

    上宮田在住 66歳

    集い憩う開かれた寺に ○…上宮田の住宅街にある浄土宗の寺院「三樹院」。「今井の観音さま」の名で親しまれる寺は今、地域に開か...(続きを読む)

    6月28日号

  • 芹澤 貞夫さん

    今月、発足30周年を迎えた「三浦とうがん会」の会長を務める

    芹澤 貞夫さん

    和田在住 77歳

    苦節30年の”とうがん愛” ○…年間20万ケース、取扱高は1億円超。沖縄・愛知・岡山に次いで、全国4位の出荷量を誇る神奈川...(続きを読む)

    6月14日号

  • 草間 道治さん

    第41代三浦市議会議長に就任した

    草間 道治さん

    松輪在住 61歳

    住みよい街へ「不断の努力」 ○…第41代三浦市議会議長に今月20日付で就任。令和元年、4期目のスタートとともに就いたかじ取...(続きを読む)

    5月31日号

  • 石渡 大輔さん

    三浦商工会議所青年部の新会長に就任した

    石渡 大輔さん

    上宮田在住 44歳

    思いの共有が結束深める ○…三浦を支える若手経済人が集う商工会議所青年部。このほど2019年度の新会長に就いた。掲げた所信...(続きを読む)

    4月19日号

  • 松崎 優香さん

    豪州ウォーナンブール市で1年間、日本語補助教員を務めた

    松崎 優香さん

    上宮田在住 21歳

    「好き」を磨いて強みに ○…「あっという間の濃い1年」。三浦市の姉妹都市・豪州ウォーナンブール市にある私立学校の日本語補助...(続きを読む)

    4月5日号

  • 1

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月15日号

お問い合わせ

外部リンク