三浦版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 組織超え“つな”がる看護師

    組織超え“つな”がる看護師 社会

    多様化するニーズに対応

     三浦市内の看護の質向上をめざし、組織を超えて看護職同士がつながる「看看連携」の取り組みが進められている。今年初めに研修会が行われ、先月末には修了の証となるバッ...(続きを読む)

    10月23日号

  • パートナー制度導入へ

    三浦市

    パートナー制度導入へ 社会

    来年1月の施行めざす

     三浦市は今月15日、LGBTなどの性的少数者や事実婚カップルを公的にパートナーとして認める「三浦市パートナーシップ宣誓制度」の素案を公表し、11月15日(日)...(続きを読む)

    10月23日号

  • 長期欠席で報酬最大5割減

    三浦市議会

    長期欠席で報酬最大5割減 政治

    9月末から即日施行

     三浦市議会は先月29日の本会議で、病気などで長期欠席した議員の報酬と期末手当を減額する特例の条例案を可決、即日施行した。従来の議員報酬に関する条例には、こうし...(続きを読む)

    10月9日号

  • 地元の日常を旅の魅力に

    観光情報サイトgooone

    地元の日常を旅の魅力に 社会

    コラムや案内サービスなど

     三浦・三崎に特化した観光情報サイト「gooone(ゴーン)」が、先月末にオープンした。三崎の出版社「合同会社アタシ社」が制作。地元記者を中心に、地元民ならでは...(続きを読む)

    10月9日号

  • 保育環境改善に陳情

    放課後児童クラブ

    保育環境改善に陳情 社会

    指導員処遇やコロナ対策など

     コロナ禍の長期化を見据え、学童指導員・保護者・子どもらが安心できる保育環境の改善を求めて、「三浦市放課後児童クラブ連絡協議会」(稲邑哲也会長)は、現在開催中の...(続きを読む)

    9月25日号

  • 「三浦で一番の餃子めざす」

    「三浦で一番の餃子めざす」 社会

    障害者施設が専門店開店

     上宮田の生活介護施設「三浦創生舎」を運営する社会福祉法人県央福祉会(大和市)は、グループホーム「クレアーレ三浦」(白石町)内に冷凍餃子直売店「餃子いちばん」を...(続きを読む)

    9月25日号

  • コロナ影響で見送り

    中学校修学旅行

    コロナ影響で見送り 教育

    代替措置は各校で検討

     新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、三浦市教育委員会は三浦市立全中学校の今年度の修学旅行を中止すると、今月3日に発表した。市立小学校も含めて、各校では行事や課...(続きを読む)

    9月11日号

  • 未整備地区の造成着手

    三崎高校跡地

    未整備地区の造成着手 社会

    来年6月までの工期予定

     三浦市は、県立三崎高校跡地利活用について、整備が残るB地区の造成工事に10月から着工する見通しを明らかにした。同地は、三浦市役所の移転候補地に挙げられており、...(続きを読む)

    9月11日号

  • 海の迷惑客に住民苦慮

    海の迷惑客に住民苦慮 社会

    苦情で柵や看板を設置

     新型コロナウイルスの影響で海水浴場が開設されないなど、異例の夏を迎えた三浦市内の海では、地域住民が海岸利用者のマナー違反に頭を悩ませている。ゴミの放置や路上駐...(続きを読む)

    8月28日号

  • 新教育棟が完成

    三崎臨海実験所

    新教育棟が完成 教育

    展示室公開はコロナで延期

     旧本館と旧水族館の老朽化により、建て替え工事が行われていた東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所(以下、「三崎臨海実験所」)の新教育棟が、今月7日に竣工した...(続きを読む)

    8月28日号

  • 小網代湾で“海中熟成”

    小網代湾で“海中熟成” 社会

    ワインの特産化めざす

     小網代湾の海の中で熟成させたワインを特産品にしようと、地元団体が商品化に取り組んでいる。昨年12月から半年間、海に沈めていたワインの試飲会が先ごろ行われ、好評...(続きを読む)

    8月7日号

  • 空き家活用し、街並み残す

    空き家活用し、街並み残す 社会

    専門家がレスキュー隊結成

     少子高齢化などにより増加傾向にある三浦市内の空き家を解体せず有効活用しようと、市民有志グループ「空き家レスキュー」が、今月1日に発足した。すでに2つの物件の改...(続きを読む)

    8月7日号

  • コロナ対策に4億5千万円

    三浦市補正予算

    コロナ対策に4億5千万円 経済

    飲食店や子育て応援など

     三浦市は、新型コロナウイルス感染症拡大によって経営に影響を受けた市内事業者の応援や保育士らに対する慰労金支給、複合災害時の避難所開設にかかわる設備更新など、事...(続きを読む)

    7月24日号

  • 三崎の魅力、バッグに詰めて

    栄町在住大類さん

    三崎の魅力、バッグに詰めて 社会

    クラファンに挑戦中

     「エコバッグ制作のクラウドファンディングを通して三崎の魅力を発信したい」。テキスタイル作家で、オリジナルストールを制作販売する「ルイヌノ」の大類尚子さん(栄町...(続きを読む)

    7月24日号

  • 塗り絵で伝える「ありがとう」

    塗り絵で伝える「ありがとう」 文化

    市民の作品投稿募る

     “withコロナ”の日常を過ごすすべての人たちに塗り絵で思いやりのメッセージを届ける「アートで『#ありがとう三浦』を伝えよう」プロジェクトが、三浦市市民協働課...(続きを読む)

    7月10日号

  • 「新生活様式」で利用再開

    三浦市施設

    「新生活様式」で利用再開 社会

    3密対策や消毒など徹底

     新型コロナウイルスの影響で休館していた市内の各公共施設の利用が、今月1日から再開した。神奈川県が作成するガイドラインなどに基づき、設備の消毒や定員上限の設定、...(続きを読む)

    7月10日号

  • 海の安全、官民で啓発

    海の安全、官民で啓発 社会

    環境保全めざし協議会発足

     新型コロナウイルスの影響により、三浦市内に5つある海水浴場の今夏の開設中止を受け、「夏季特定海岸防犯・環境美化推進対策協議会」(山田光雄会長)が今月15日に発...(続きを読む)

    6月26日号

  • CDで残す方言の記録

    ひばりの会

    CDで残す方言の記録 文化

    危機感抱き保存活動

     朗読ボランティアサークル「ひばりの会」は、三浦に残る方言を後世に残そうと音声保存したデータをCD化。「二町谷の方言」と題し、今月から冊子付きで頒布を始めた。完...(続きを読む)

    6月26日号

  • “善意のマスク”寄付募る

    “善意のマスク”寄付募る 社会

    「有効活用」市内で呼びかけ

     「不要な未使用マスク、お寄せください」――。市内の社会福祉法人や事業者による、マスクの寄付を求める活動が始まった。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、品薄で高騰...(続きを読む)

    6月12日号

  • コロナ禍で開設中止

    三浦市海水浴場

    コロナ禍で開設中止 社会

    「十分な安全対策困難」

     三浦市は今月2日、5カ所ある市内すべての海水浴場開設を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が完全に収束しておらず、利用客が集中する海辺での感染防止...(続きを読む)

    6月12日号

  • 入江に「ヤオコー」出店へ

    入江に「ヤオコー」出店へ 経済

    来春のオープンめざす

     初声町入江にスーパーマーケットチェーン「ヤオコー」(本社/埼玉県川越市)の新店舗出店計画があることが分かった。開店予定は来春で、近隣住民からは「徒歩圏内で生鮮...(続きを読む)

    5月29日号

  • 「生計立たず」相談増

    生活福祉資金貸付

    「生計立たず」相談増 社会

    コロナ影響で70件超

     新型コロナウイルスの感染拡大による失業や休業で収入が減少し、生活に窮する世帯に対する「生活福祉資金」の貸付相談が相次いでいる。3月25日の受け付け開始から2カ...(続きを読む)

    5月29日号

  • CO2排出実質ゼロへ

    三浦市

    CO2排出実質ゼロへ 社会

    2050年までの達成めざす

     三浦市は今月7日、2050年までに二酸化炭素(CO2)排出の実質ゼロを掲げる「ゼロカーボンシティみうら」を宣言した。再生可能エネルギーの積極的導入と、市民・事...(続きを読む)

    5月15日号

  • 回覧板の運用取り止め

    回覧板の運用取り止め 社会

    「感染不安」要望相次ぎ

     新型コロナウイルスの感染拡大により、三浦市は市内自治会での回覧板を使った情報伝達を当面の間、取り止めている。飛沫・接触感染を不安視する市民から相次いだ要望や相...(続きを読む)

    5月15日号

  • 新聞店がマスク1千枚寄付

    【Web限定記事】

    新聞店がマスク1千枚寄付 社会

    保育施設などで活用

     原町の新聞販売店「株式会社小鳥遊新聞舗」(高梨巌代表取締役)は先月23日、三浦市に大人用不織布マスク計1000枚を寄付した。 新型コロ...(続きを読む)

    5月1日号

  • 「経営直撃」先見えず

    新型コロナ

    「経営直撃」先見えず 経済

    商議所窓口に相談続々

     三浦商工会議所は、新型コロナウイルス感染拡大により経営を不安視する事業者を対象とした相談会を今月8日から11日に同所で開き、のべ45件の相談を受け付けた。おも...(続きを読む)

    4月17日号

  • 移動販売で食卓お助け

    移動販売で食卓お助け 経済

    苦境下の経営者がタッグ

     新型コロナウイルスの猛威にさらされ経営に大打撃を受けている飲食・観光の両業界の若手経営者がこのほど、キッチンカー(移動販売車)に活路を求めてグループを立ち上げ...(続きを読む)

    4月17日号

  • 26億円で二町谷地区売却へ

    三浦市

    26億円で二町谷地区売却へ 社会

    ホテルなどリゾート開発

     三浦市は、二町谷埋め立て地の土地売買契約をプレジャーボートの輸入販売などを手掛ける「株式会社安田造船所」(東京都大田区)と締結したと先月27日に発表した。売却...(続きを読む)

    4月3日号

  • “書庫寺子屋”を居場所に

    “書庫寺子屋”を居場所に 社会

    休校受け、有志が開放

     三崎の書庫「空紙堂(そらしどう)」を開放し、近隣に住む休校中の子どもたちに居場所を提供する取り組みが行われた。預け先に苦慮する共働きやひとり親世帯の不安を解消...(続きを読む)

    3月20日号

  • 畑で繋がる生産者と消費者

    畑で繋がる生産者と消費者 社会

    「イベント通して農業知って」

     三浦野菜や農業の魅力、農家の現状を知ってもらおうと、収穫期を迎えた畑を活用したイベントが高円坊の「スズカク農園」で行われている。収穫体験やヨガ教室などを企画し...(続きを読む)

    3月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク