三浦版 エリアトップへ

コラムの記事一覧

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第41回「海南神社のこと【5】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「海南神社」が他に見られる姿と言えば、参道の左側に、食材を抱えた大きな肖像画が描かれていることです。「食の神」と言われる「磐鹿六雁命」の姿です。本殿...(続きを読む)

    6月14日号

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その23 夫妻の最期と、長女みかさん

     団夫妻の長女みかさんからの便りにあった、重さん夫婦に触れたエピソードをお届けします。 『重さんが勲章を授与されることに...(続きを読む)

    6月14日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載5

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     今年の新緑の美しい季節は、令和という時代を迎えました。皆様は新たな時代にどのような想いを寄せられていますか。首相談話には「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事...(続きを読む)

    5月31日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第40回「海南神社のこと【4】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     前回に記しました、木村伝右門奉納の石灯籠の隣に、延宝三(1675)年、寄進の石灯籠があります。当時、三崎奉行を勤めていた山(やま)角(かど)藤兵衛尉(じょ...(続きを読む)

    5月31日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第十三回「社会参加 福祉教育編」 今月24日、引橋交差点に「ベイシア三浦店」がオープンしました。開店前に、同社本部の方より...(続きを読む)

    5月31日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第39回「海南神社のこと【3】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「海南神社は天元五(982)年に、補陀山海潮寺のあった楫谷山(現在の神社の位置)に建てられたと縁起書にあり、これが従来の定説で、資盈死後百十六年後のことで...(続きを読む)

    5月17日号

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その22 実験所を支えた地元の2人【7】

     冨山一郎所長時代の昭和30年代、実験所の黄金時代が続きます。この時点で団勝磨は都立大学の教授の職にあり、団ジーンはお茶の水女子大学に転じて、講師を務...(続きを読む)

    5月1日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載4

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     満開の桜の季節が終わり、少々の寂しさがありますが、春はあちらこちらで気持ちをなごませてくれています。木には小さな美しい緑の葉、色とりどりのチューリップ、まだ小...(続きを読む)

    4月19日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第十二回「社会参加 サロン編」 去る3月18日、全国社会福祉協議会主催の『平成30年度地域の拠点づくり推進セミナー』にて、...(続きを読む)

    4月19日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第38回「海南神社境内のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「海南神社」の石の鳥居は、江戸時代の明和九(1772)年に建てられたものです。ただ、この年に江戸で大火があって多くの人が亡くなって、「めいわく」だと言うことで...(続きを読む)

    4月19日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第37回「海南神社のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     はじめに、前回の後半に「海南神社」とすべきところを、「南海神社」と記したことは、まちがいです。「海南神社」と訂正して、お詫び申し上げます。...(続きを読む)

    4月5日号

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その21 実験所を支えた地元の2人【6】

     勝磨は先遣隊の大佐から実験所が爆破対象であることを聞き、急ぎ彼の有名な「The last one to go」(最後に立ち去るものより)のメッセージを実験所二...(続きを読む)

    4月5日号

  • 三浦の咄いろいろ

    連載 第36回「三崎誌」を読む その2

    三浦の咄いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     前回に示した『三崎誌』の中に「ひらめ町 離れ嶋 磯崎町 花暮町」と書かれ、その註として、「昔城か島花盛の頃、日の暮るを忘れたり」と記されています。現...(続きを読む)

    3月22日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載3

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     今年の桜(ソメイヨシノ)の開花は例年より早い予想が出ました。この季節は卒業・入学・進級と子どもの成長にとっても節目の季節ですが、世界中で4月に新学期を迎えるの...(続きを読む)

    3月22日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第十一回「社会参加 イベント編」 去る3月10日、「みんなの文化祭@引橋」の中で開催した「地域をつなぐはつらつフェスタ」に...(続きを読む)

    3月22日号

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その20 実験所を支えた地元の2人【5】

     昭和15(1940)年12月1日、先任の採取人である青木熊吉が逝去。同8日、太平洋戦争に突入し、実験所も重さんも戦乱の時代に巻き込まれていきます。三浦半島は江...(続きを読む)

    3月8日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第35回「『三崎誌』を読む」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     江戸時代の宝暦六(1756)年に刊行された『三崎誌』の中に次のような文が書かれています。「むかしを尋て今にしらする人は昔不朽(ふきゅう)(昔のことはいつまでも...(続きを読む)

    3月8日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第34回「新井城址のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     明治二十七(1894)年一月から、村井弦斎の小説『桜の御所』が都(みやこ)新聞に連載され、さらに同じ年の十二月に単行本として出版され、六版を重ねる程の人気があ...(続きを読む)

    2月22日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載2

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     大根、キャベツなど三浦の冬野菜がたくさん実る畑の景色は大変きれいで元気をもらいます。先日、はっぴー子育て応援団でも上宮田の吉田農園で「冬野菜の収穫体験」を開き...(続きを読む)

    2月22日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第十回「社会参加」 去る1月22日と2月5日、横浜市と東京大学でフレイルサポーターの集会がありました。横浜ではフレイルサポ...(続きを読む)

    2月22日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第33回「油壷と『黒い福音』のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     松本清張著の小説『黒い福音』は、昭和三十四年に起こった「スチュワーデス殺人事件」にもとづいて書かれたものです。 事件は三月十日早朝、東...(続きを読む)

    2月8日号

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その19 実験所を支えた地元の2人【4】

     団勝磨の自伝「ウニと語る」から重さんの仕事ぶりをお伝えします。 少し専門的になりますが、この書にコマチの産卵という小節があります。「コ...(続きを読む)

    2月8日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載 1

    世界一の素敵親子をめざして

    文・はっぴー子育て応援団

     「子育てを学ぶ」と聞くとどんなイメージをもちますか。人生の先輩方は、「子育てを学ぶ」と言うことに違和感を持たれる方も多いかもしれません。世界を見まわしても「子...(続きを読む)

    1月25日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第九回「運動」 大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。...(続きを読む)

    1月25日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第32回「狐塚のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     『三浦の伝説と民話』(三浦市観光協会発行)の中に、「きつね浜ときつね塚」の話が載っています。それによりますと「浜諸磯の丘の麓の狭い砂浜を、通称きつね浜という。...(続きを読む)

    1月25日号

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その18 実験所を支えた地元の2人【3】

     実験所が採集人を探しているという話が重さんの耳に入り、当時実験所を切り盛りしていた大島正満に会うと「明日からでも来てくれ」ということでした。なぜなら仕事が地味...(続きを読む)

    1月11日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第31回「白秋碑のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     城ヶ島が多くの人に知られるようになったのは「城ヶ島の雨」という歌が大正八(1919)年に歌手の奥田良三氏が吹き込んだレコードが大いに売れ、有名になったと言われ...(続きを読む)

    1月11日号

  • 三浦の咄いろいろ

    三浦の咄いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド協会 田中健介

    地域の歴史や文化、街並みを描いた文学作品などから、知られざる三浦の横顔に迫る連載コーナー「三浦の咄いろいろ」。今回は、正月特別編として、正月に関...(続きを読む)

    1月1日号

  • 100まで元気! 健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気! 健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第八回「運動」  前回に続いて今回も「運動」をテーマに、「どんどんデイサービスセンター」の山田管理者に話を...(続きを読む)

    12月14日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第30回「城ヶ島のこと その6」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     三浦市内に住む方々の姓氏が地域によって特色がみられます。  城ヶ島について、『城ヶ嶋村沿革畧誌』(加藤泰次郎氏編纂)の...(続きを読む)

    12月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク