三浦版 エリアトップへ

コラムの記事一覧

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第68回「三浦の五木その【1】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     『三崎誌』(宝暦六〈1756〉年刊行)の「木石」の項目の中に五木のうち、桃・桜・椿が記されています。「桃」については「歌舞島ニアリ、今ノ見桃寺ハ即(...(続きを読む)

    10月9日号

  • 第12回 「アオツヅラフジ」の種の模様が

    三浦半島 草花歳時記

    第12回 「アオツヅラフジ」の種の模様が

    文・写真 金子昇

     三浦半島の林縁で普通に見られる「アオツヅラフジ」(青葛藤)の話。アオツヅラフジはつる性の植物で、夏から秋に目立たない黄白色の小花を穂状に多数つけます...(続きを読む)

    10月9日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載20

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     現在のコロナ禍では、ズームによる授業、会議、研修が当たり前になっていますが、先日私もティーントリプルP(思春期の子どもを持つ養育者向け)セミナー講師...(続きを読む)

    9月25日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第67回「三浦古尋録その【6】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     前回に引き続き『三浦古尋録』のうちに「三浦名五木(めいごぼく)」の表記があります。その「名五木」を尋ねてみようと思います。...(続きを読む)

    9月25日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第二十八回「研修センター【1】編」  暑さは一段落したものの、コロナウイルスの感染拡大についてはまだ予断を...(続きを読む)

    9月25日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第66回「三浦古尋録その【5】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「三浦五井」のうち、二つの井は三浦市内にあり、それぞれ地名として残されています。  一つは南下浦町の「今井」です。この...(続きを読む)

    9月11日号

  • 第11回 外来種「アメリカネナシカズラ」

    三浦半島 草花歳時記

    第11回 外来種「アメリカネナシカズラ」

    文・写真 金子昇

     和田長浜海岸での観察の折、群落するハマゴウの上に黄色い網のようなものが覆われている光景を目にしました。もしかしたら?との思いで近寄ってみると、予期し...(続きを読む)

    9月11日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載19

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     連日の厳しい暑さとマスクによる体温上昇で今まで経験したことのない暑い夏になりました。真夏の外出時にマスク!?誰もが考えなかった現実ですが、受け入れ実...(続きを読む)

    8月28日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第65回「三浦古尋録その【4】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     『三浦古尋録』(文化九年/1812)の中に「三浦四名井」(註では七ともあり)として、次のように記しています。「吉井・長井・今井・筑井(津久井)・大井...(続きを読む)

    8月28日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第二十七回「障害者福祉編」  依然として、新型コロナウイルスの感染拡大が続いているのに加え、毎日、体に大変...(続きを読む)

    8月28日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第64回「三浦古尋録その【3】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「三浦七石」のうち、「網代金鳴石」と記されている石があります。  書の中には「鎮守白髭明神」とあって、「此(この)明神...(続きを読む)

    8月7日号

  • 第10回 小野嵐山も愛用した?「ハマゴウ」

    三浦半島 草花歳時記

    第10回 小野嵐山も愛用した?「ハマゴウ」

    文・写真 金子昇

     この時期、三浦半島の海辺には美しい淡青紫色(中心部は暗赤色)の花、「ハマゴウ」が見られます。茎は砂浜を這うように四方へ広がっていきます。背丈が低く草...(続きを読む)

    8月7日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載18

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     各地で夏の風物詩である夏祭りは神事のみ、花火大会も中止されています。例年私も夏休みの旅行を励みに日々頑張っていますが、今年は大きな楽しみがない夏休み...(続きを読む)

    7月24日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第二十六回「未病センター編」  まず、お伝えすべきこととして、東京都だけでなく、神奈川県も新型コロナウイル...(続きを読む)

    7月24日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第63回「三浦古尋録その【2】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     前回に述べた「安房口神社」のことについて、神社の境内に由緒が記されています。それには、「御神体の霊石は、その昔、安房国洲崎明神に竜宮から献上された大...(続きを読む)

    7月24日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第62回「『三浦古尋録』より三浦の七石【1】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     『三浦古尋録』の初めの方に「三浦の何々」と記されている箇所があります。今回、そのうちから「三浦七石」の部を追ってみようと思います。...(続きを読む)

    7月10日号

  • 第9回 原始的な樹木「マテバシイ」

    三浦半島 草花歳時記

    第9回 原始的な樹木「マテバシイ」

    文・写真 金子昇

     街路樹で常緑樹の「マテバシイ」が、あちこちに植えられています。本来この周辺では自生していない樹木ですが、三浦半島の山間部には多く見ることができます。...(続きを読む)

    7月10日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載17

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     県をまたぐ外出制限の緩和で、人通りが少なく静かだった街に明るさと活気が戻り始め、少し気持ちが和らぎました。子供たちも3カ月ぶりの学校生活を存分に楽し...(続きを読む)

    6月26日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第二十五回「再開編」  県を越えての移動も可能になり、新しい生活様式のもと、サロン活動並びにフレイルチェッ...(続きを読む)

    6月26日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第61回「『三浦古尋録』より」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     前回に記載された『新編三浦往来』のなかに、海南神社に於いて正月十六日に「大百万遍ヲ興行、賑ナルコト大祭ノ如シ」とありましたが、それに関わることが『三...(続きを読む)

    6月26日号

  • 第8回 用心棒にアリを雇う

    三浦半島 草花歳時記

    第8回 用心棒にアリを雇う

    文・写真 金子昇

     「アカメガシワ」は春先、表面が鮮やかな赤色をした新葉(赤い毛が密生)を広げます。万葉集には「ヒサギ」とあり、「ヒサ」はヒョウタンを意味し、ヒョウタン...(続きを読む)

    6月12日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第60回「『新編三浦往来』より」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     この書は江戸時代の天保十五(1844)年の初春に書かれたもので、三浦半島の名所旧蹟、産物などを児童に教えるために書いたものです。著者は横須賀市大津の...(続きを読む)

    6月12日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載15

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     5月は旧暦で皐月(さつき)。「皐」という字には「神に捧げる稲」という意味があるそうです。今も昔も豊作を祈りながら田植えをされることでしょう。今年はス...(続きを読む)

    5月29日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第二十四回「新しい生活様式編」  遂に、神奈川県でも緊急事態宣言が解除されました。外出自粛を求められてから...(続きを読む)

    5月29日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第59回「油壷のこと【3】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     道寸公の墓を参拝した後、川上眉山は油壷の海辺へと歩を進めます。そのことを次のように記しています。  「丘を下り、浪(な...(続きを読む)

    5月29日号

  • 第7回 竈(かまど)の神も嫌う「トベラ」

    三浦半島 草花歳時記

    第7回 竈(かまど)の神も嫌う「トベラ」

    文・写真 金子昇

     三浦半島の沿海岸には常緑低木の「トベラ」が多く生育しています。4〜6月に香りを放つ白色の花が咲き、花色は白から黄色へと変色します。秋には球状の緑色の...(続きを読む)

    5月15日号

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第二十三回「コロナウイルス対策編」  遂に緊急事態宣言が神奈川県に出されました。未だに、週末には他県ナンバ...(続きを読む)

    4月17日号

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第58回「油壺のこと【2】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     三浦荒次郎の墓にお参りした川上眉山は、路傍の木の枝を花の代(かわ)りに供え、ひと傾(かたむけ)の酒をかけて墓前を去りました。波の音を近くに聞きながら...(続きを読む)

    4月17日号

  • 世界一の素敵親子をめざして

    連載15

    世界一の素敵親子をめざして

    文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

     桜の開花とともに新緑の美しい季節となりました。今年は、新型コロナウイルスの影響でお花見を含め美しい季節の訪れを十分に感じることが出来ない日々を送って...(続きを読む)

    4月17日号

  • 第6回  「椿」(ツバキ)は和製漢字

    三浦半島 草花歳時記

    第6回 「椿」(ツバキ)は和製漢字

    文・写真 金子昇

     今回は三崎三御所の一つ、大椿寺の「ツバキの御所」からツバキの話です。  昔から草や木の名前を命名する時には、中国の古い...(続きを読む)

    4月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク