三浦版

コラムの記事一覧

  • 100まで元気! 健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気! 健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第八回「運動」  前回に続いて今回も「運動」をテーマに、「どんどんデイサービスセンター」の山田管理者に話を...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第30回「城ヶ島のこと その6」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     三浦市内に住む方々の姓氏が地域によって特色がみられます。  城ヶ島について、『城ヶ嶋村沿革畧誌』(加藤泰次郎氏編纂)の...(続きを読む)

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞

    〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞

    文・日下部順治その17 実験所を支えた地元の2人【2】

     明治43(1910)年、昭和天皇が学習院初等科時代(幼名「迪宮(みちのみや)」の頃)に実験所を訪問され、魚釣りなどをお楽しみになりました。水族室でタ...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第29回「城ヶ島のこと その5」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     近代に入った、明治三十二(1899)年、東京湾防備の重要性から、三浦半島は全域が要塞地帯に指定されました。いわゆる「要塞地帯法」が公付され、「許可ナク要塞地内...(続きを読む)

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第七回「運動」 11月4日に開催された『三浦市民健康大学オープンキャンパス』では、28名がフレイルチェック測定会に参加され...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第28回「城ヶ島のこと その4」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     江戸時代に入ると日本の沿岸に外国船が近づくようになりました。 『城ヶ嶋村沿革畧誌』によりますと、「烽火(のろし) 安房崎ニ在リ、慶安元...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第27回「城ヶ島のこと その3」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「それで梨香は、急に自分が、ツーリスト・ビューローの女であることを思い出し、安里に城ヶ島の説明をしてやる気になった。 安里のすぐ後ろに...(続きを読む)

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その16 実験所を支えた地元の2人

     三崎臨海実験所は、団勝磨・ジーン夫妻をはじめ、多くの秀でた研究者・学術論文を輩出してきましたが、そこには陰で支えた2人の功労者がいました。今回はその“採集人”...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第26回「城ヶ島のこと その2」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     『新編相模風土記稿』に「城ヶ島村」のことを、「三崎町の南方海上四町余(約四百三十五メートル余)にある孤島なり」として、昔、此の地に城郭があって残され...(続きを読む)

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第六回「運動」 今月3日、2期生となる新たなフレイルサポーターが15名誕生しました。12日にはサポーターデビューの場となる...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第25回「城ヶ島のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     明治二十(1887)年に記るされた『城ヶ島村沿革畧誌』(加藤泰次郎編纂)が「三浦市民俗シリーズ」として、市の教育委員会から発行されています。その中に「城ヶ島」...(続きを読む)

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その15 在りし日の思い出の記【2】

    前号つづき【三浦市内在住・團勝磨の教え子からの、都立大学時代の「思い出の記」後編】 「團先生は私の東京都立大学在任中は発生学教授で、その...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第24回「八景原のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「宮川」の地に「八景原」という「小名」(小字(こあざ))があります。江戸時代の文化九(1812)年に書かれた、紀行文集『三浦古尋録』に「此処(ここ)は南の出崎...(続きを読む)

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第五回「栄養」 第五回のテーマも「栄養」です。その2回目は、三浦市社会福祉協議会の管理栄養士であり、就労支援事業所「どんま...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第23回「岩堂山のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「岩堂山」について近くに住む人々は「いわどやま」と呼んで親しんできたと言われています。この山は三浦半島南端では最も高い山で海抜八九・九メートルの山です。三浦市...(続きを読む)

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その14 在りし日の思い出の記

    前号つづき【団夫妻の長女・みかさんからの、箱根仙石原時代の「思い出の記」後編】 「小田原出身のおばちゃんがいて、母を助けてくれていました...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第22回「房総の山を眺める」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     前回に書いた「二つの岩」について「夫婦岩(めおといわ)」と呼ばれる悲話があるのです。  昔、この岩の近くに与作という漁...(続きを読む)

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第四回「栄養」 先月より、三浦市におけるフレイル予防の啓発が本格的に始動しております。その一環として、保健衛生委員約40名...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第21回「剣崎のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「剣崎」の名称について、次のような話が伝えられています。  江戸時代の万治年間(1658〜61年)のこと、幕府の官材を...(続きを読む)

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その13 箱根仙石原の足跡を訪ねて

     私は団ジーンの足跡をたどるべく、戦時中から昭和20(1945)年10月まで子供たちと疎開していた、団一家の別荘のあった箱根仙石原の疎開先の今を訪ねて...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第20回「松輪(剱崎)灯台のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     前回に記した若山牧水の『岬の端』の中に、次のような文があります。 「松輪への路を訊(き)くと、芋畑の中に爺さんが伸び上がって、その電信...(続きを読む)

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

    第三回「オーラルフレイル(口腔ケア)     オーラルフレイルの2回目...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第19回「静かな入江の東京湾?」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「しら鳥はかなしからずや海の青そらのあをにもそまずたゞよふ」と詠じた若山牧水は、夫人の病気療養のため横須賀の長沢に転居して来たのは、大正四(1915)年の三月...(続きを読む)

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その12 今に残る団ジーンの足跡

     既出のとおり、戦時中は箱根に疎開していた団ジーン。これまで戦火を避けてのことと言われてきましたが、この事情を知る人の話では、敵性外国人であるジーンを軍港横須賀...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第18回「海上交通のこと【1】」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     「京急電鉄」が創立百二十年を迎えるとのことですが、「三浦海岸駅」まで開通したのは、昭和四十一(1966)年のことです。それまでは、「京急久里浜駅」からバスが「...(続きを読む)

  • 100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    連載 第二回「オーラルフレイル(口腔ケア)」

    100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

    三浦市社会福祉協議会 成田慎一

     自助を強化するための各論の1回目。まずは、新しい概念「オーラルフレイル(口の衰えを指す新概念)」の話をしたいと思います。...(続きを読む)

  • 東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

    文・日下部順治その11 日米つなぐ位相差顕微鏡

     話は再び団ジーンに戻ります。先日、ジーンの長女である「団みか」さんから快報が届きました。ジーンが三崎臨海実験所からお茶の水女子大を通じて愛用していた位相差顕微...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第17回「飴屋踊りのこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     北原白秋の随筆『漁村の秋』の中に、次のような文章があります。 「色々の紅い小旗を挿(さ)した盥(たらい)のやうなものを頭に載せて、女の...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第16回「菊名左衛門重氏 氏のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     明治時代より以前、神奈川県内に「菊名村」の呼称は二ヶ所ありました。橘樹(たちばな)郡(現在の横浜市鶴見区の一部か?)の「菊名村」は明治の代に合併して「大綱村」...(続きを読む)

  • 三浦の咄(はなし)いろいろ

    連載 第15回「琴音海岸のこと」

    三浦の咄(はなし)いろいろ

    みうら観光ボランティアガイド 田中健介

     私は、毎年の年賀状に新年のあいさつと共に、短歌を添えて諸氏に送っていますが、ある年の賀状に、「海なかに琴を弾ずる岩あると伝へて名付くバス停に立つ」という、拙い...(続きを読む)

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

医師に聞く感染症と予防

医師に聞く感染症と予防

1月22日に公開講座

1月22日~1月22日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク