三浦版 掲載号:2015年8月7日号 エリアトップへ

戦争が奪った港の活気 白石町在住 石渡定子さん(85)

社会

掲載号:2015年8月7日号

  • LINE
  • hatena

 全国からマグロの延縄(はえなわ)船が集まる遠洋漁業の基地として名を馳せた昭和初期の三崎。昼夜問わず人で溢れかえっていたこの街の様相を変えたのは戦争だった。

 三崎の漁師の家に生まれた石渡定子さん(85)は、港の栄枯盛衰をつぶさに見てきた1人だ。戦時中の三崎魚市場周辺の様子を尋ねると、蘇ってくるのは長閑(のどか)だった港町におよそ似つかわしくない人々の歓呼の声と揺れる日の丸の旗。「毎日のように出征していく志願兵の壮行会が開かれていました」。自らの意志で戦地へ赴いた少年たちは14〜15歳。今の中学生と重ね合わせ、年端も行かぬ子どもが戦乱に巻き込まれたことに「今では想像できない。平和のありがたみを感じます」と涙を滲ませる。開戦後、周囲の民間船は次々と海軍に徴用され、賑やかだった港の活気は失われていった。

 戦時中は三崎実科高等女学校に通学していたが、学徒動員で一切の授業が停止。近隣の根岸鉄工所で機械の図面引きに従事していた。何を作っているのかも分からない。ただひたすら言われるままに机に向かう毎日。作業中、空襲警報のサイレンが鳴るたびに逃げ込んだ防空壕では仲間たちと肩を寄せ合い、時が過ぎるのをじっと待った。2機のB29が真っ直ぐな飛行機雲を描きながら自身の頭上を北へ飛んでいくのも見た。「じきにここもやられるのでは」―迫りくる恐怖心との闘いだった。結果的に三浦市内(当時の三浦郡)でも幾度か焼夷弾や爆弾による攻撃はあったが散発的で被害件数は少なかった。のちに工場地帯のある川崎や横浜、海軍工廠・軍港を擁した横須賀が受けた空襲被害の惨状を知った時は、身につまされる思いだった。「同じ神奈川でも生まれ育った場所が少し違うだけでこうまで違うとは。私は恵まれていたと思う」。往時を静かに振り返った。
 

マグロの水揚げで賑わう魚市場(出典元「目で見る三浦市史」)
マグロの水揚げで賑わう魚市場(出典元「目で見る三浦市史」)

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

三浦版のローカルニュース最新6

いきいきシニア「元気の源」は

「篠笛」職人・水野 建比古さん(76歳)

いきいきシニア「元気の源」は 文化

5月13日号

良き時代のパリ、ポスター文化

横須賀美術館企画展

良き時代のパリ、ポスター文化 文化

ロートレックやミュシャなど113点

5月13日号

罪を背負い彷徨う男たち

罪を背負い彷徨う男たち 文化

佐向監督の最新作『夜を走る』

5月13日号

力作の絵画ずらり

力作の絵画ずらり 文化

第40回「彩青クラブ」展

5月13日号

軍都の名残りを歩く

横須賀中央・汐入

軍都の名残りを歩く 文化

市観光協会主催の歴史旅

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook