三浦版 掲載号:2016年8月5日号 エリアトップへ

高梨商店(宮川町) 旬味わうご当地かき氷 野菜やまぐろを素材に

社会

掲載号:2016年8月5日号

  • LINE
  • hatena
カボチャの優しい甘さを感じる一品
カボチャの優しい甘さを感じる一品

 うだるように暑い日は、地産地消の特製かき氷で、クールダウンしてはいかが―。

 市内宮川町にある高梨商店では、地元素材を使ったかき氷の提供を今月から始めた。店内の一角に「はるみせ」と名付けたコーナーを設け、昔懐かしい手動のかき氷機がシャリシャリと音を立てて大きな氷を削っている。器に盛られたふんわり柔らかな雪山に回しかける手づくりシロップの素材の多くは、となり近所の農家で採れたものばかり。この時季はトマト、カボチャ、メロンなど今が旬の畑の恵みが顔を揃える。「宮川の素材の良さ、季節を感じてほしい」と同店の高梨喜裕さんは話す。

 なかには鮪のエキスや海苔・ワサビを使った「鮪かき氷」、バター醤油ソースをトッピングする焼きトウモロコシをイメージした変わり種の一杯も。一見ミスマッチとも思えるが風味そのままに、意外な美味しさが楽しめると販売開始早々、好評を博している。

 これら全てのシロップ作りを手掛けるのは、「パティスリークロ」(横須賀市根岸町)のパティシエ黒木賢一郎さん。野菜が持つ自然な甘味、皮ごと使った時のちょっとした苦味、果実の酸味や舌触りなどを活かしたシロップは、ピューレのような濃厚さが特徴だ。同店のかき氷を目当てに藤沢市から訪れたという女性客は、「氷とのバランスが良く美味しい。これなら2〜3杯食べられそう」と味比べを楽しんでいた。

 高梨さんは「ダイコンやハチミツなど他にもたくさんの素材がある。1年を通して味わってもらえたら」と意欲を見せた。

   *  *  *

■高梨商店/宮川町12の11/午前8時〜午後8時/6百円〜

三浦版のローカルニュース最新6

身近な草花に親しんで

身近な草花に親しんで 文化

11月7日に催し

10月22日号

城ヶ島の昭和を巡る

未病ウォーク

城ヶ島の昭和を巡る 文化

10月22日号

小網代干潟の貝のふしぎ

小網代干潟の貝のふしぎ 文化

生態に迫る1冊

10月22日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月22日号

鑑賞楽しむ4つのヒント

横須賀美術館

鑑賞楽しむ4つのヒント 文化

企画展「ビジュツカンノススメ」

10月22日号

力作を一堂に

秋の合同展

力作を一堂に 文化

書・絵画・盆栽など

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook