三浦版 掲載号:2016年12月2日号 エリアトップへ

三富染物店 大漁旗製造体験で特別賞 産業と観光の融合が評価

社会

掲載号:2016年12月2日号

  • LINE
  • hatena
県知事から贈られた表彰状を手にする三冨さん(写真上)、大漁旗製造を体験する外国人観光客(同下)
県知事から贈られた表彰状を手にする三冨さん(写真上)、大漁旗製造を体験する外国人観光客(同下)

 観光客の増加や地域活性化などに寄与した事業者・団体・個人を表彰する「第7回かながわ観光大賞」で三富染物店(三崎)が審査員特別賞を受賞した。江戸時代から続く伝統技術を知ってもらおうと観光客向けに行っている大漁旗製造体験が評価。先月25日に黒岩祐治県知事から表彰状が贈られた。

 1833年創業の三富染物店は、もともと幕府の御用職人として戦ののぼりなどを製造。現在は県内で唯一の染元として、職人が手作業で大漁旗や飾り旗を作っている。

 「体験を始めたきっかけは、染物をもっと身近なものとして知ってもらうにはどうしたらいいかという思いから」と話すのは同店の三冨由貴さん。従来、販売に終始した大漁旗に、見る・体験する・土産として持ち帰るという3要素を合わせた。大漁旗の枠を超えた付加価値を提供することで、日本人のみならず外国人観光客にもアプローチできる大漁旗販売店をめざしている。

気軽さ受け、集客増

 製造体験は、近年増加している旅行先での体験ニーズを受けて昨年から始めた。のべ235人が参加し、その数は日々増加傾向にある。また、三崎観光の土産品の開発にも注力。高額で敷居が高いイメージの染物を観光客が気軽に購入できるようにと、安価でデザイン性が高い大漁旗をモチーフにした手ぬぐい(各700円)を制作。京急の企画乗車券「まぐろきっぷ」との提携を追い風に売上は徐々に伸び、今では月250〜300枚ほど販売。観光客から人気を集めている。業種柄、それまでほとんど見られなかった若い女性客の来店も増え、販路の拡大にも一定の効果があったという。

 ほかにも三浦市と連携して教育旅行の生徒を2008年から受け入れ、のべ約80校が訪れてクラス旗などを作ったり、製造場所を間近で見られるよう店舗の開放を行っている。「印刷で出来ると思っている人も多く、手作業の様子が見られると好評」と三冨さん。

 日本ならではの体験を求める訪日外国人からも評判も高く、観光コンテンツとしての手ごたえは十分。「体験を通じて江戸時代から続く伝統を多くの人に伝えていきたい」と今後の展望を話した。

三浦版のトップニュース最新6

3年ぶりに開催へ

三浦国際市民マラソン

3年ぶりに開催へ スポーツ

種目限定で3密対策徹底

10月22日号

抗体カクテル療法導入

三浦市立病院

抗体カクテル療法導入 社会

専用病床確保で体制整備

10月22日号

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 コミュニティ社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook