三浦版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

ガイド本 身近な秘境と歴史 三浦半島「半日ハイク」

社会

 鎌倉と三浦半島をフィールドに「半日ハイキング」を提案する横須賀市在住の山岳ライター、樋口一郎氏がガイド本を出版した。

 タイトルは『鎌倉&三浦半島 山から海へ30コース』(発行所/東京新聞 1400円+税)=写真。5つの行政エリアに区切り、観光・歴史・自然を主な見所とする全30のおすすめコースを紹介。いずれも3〜4時間と半日でめぐれる行程で、下山後に汗を流せる温浴施設などの情報も掲載している。

 山の標高自体はどれも高くないが、他のエリアでは味わえない山歩きの魅力として、「海を感じる」ことを本書の中で著者は記している。さらに自然風景を3次元とするなら、歴史の深みを加えることで4次元的な楽しみ方もできるという。先の三浦半島サミットで上地克明市長が切り出した「広域ハイキングルート」の発掘をすでに具現化している。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

”動物七福神”に開運祈願

”動物七福神”に開運祈願

マリンパークで31日まで

1月1日~1月31日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク