三浦版 掲載号:2018年7月6日号 エリアトップへ

横須賀美術館 生命力と独自の存在感 三沢厚彦「アニマルズ」

文化

掲載号:2018年7月6日号

  • LINE
  • hatena
PHOTO:浅田政志
PHOTO:浅田政志

 横須賀美術館が、動物園になる――。先月30日から始まった「三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA」では、ネコやイヌのほか、ライオン・トラ・クマなど迫力のある大型動物からユニコーンをはじめとした空想上の動物、ヤモリ・カエルまでほぼ原寸大の”彫刻”が館内に出現している。

素材はクスノキ

 神奈川県内にアトリエを構える三沢厚彦氏。2000年から着手した動物シリーズ「アニマルズ」は、常緑高木のクスノキ(樟)を彫り出したもの。小さなものは一本木、大きな作品は数本を繋ぎ合わせて寄木にし、彩色している。ブロンズ作品もクスノキを彫ったものを原型に使って鋳造。いずれも、圧倒的な存在感と今にも動き出しそうな筋肉の質感や毛並み、射るような眼差しと表情が特徴的だ。

 同企画展では、初公開の新作を含む彫刻と絵画、ドローイングを展示。同館の前庭やエントランスホールにも動物たちが登場する。

 22日(日)には、小・中学生向けのワークショップも開催する。三沢氏が制作に使ったクスノキの端材でオブジェを作る。小学3年生以下は保護者同伴で定員15人。時間は午後1時から4時、参加費1000円(保護者は要企画展観覧券)。申し込みは、はがきに氏名・年齢・郵便番号・住所・電話番号を記入の上、〒239-0813横須賀市鴨居4の1横須賀美術館「クスノキの端材WS」係へ、7月10日(火)締切。

 会期は9月2日(日)まで。企画展、イベントの詳細は同館【電話】046・845・1211

写真左:《Animal 2014-01》  2014年 樟、油彩 撮影 三沢厚彦 右:《Animal 2010-01》  2010年 樟、油彩 撮影 永野雅子  ©Misawa Atsuhiko, Courtesy of Nishimura Gallery
写真左:《Animal 2014-01》 2014年 樟、油彩 撮影 三沢厚彦 右:《Animal 2010-01》 2010年 樟、油彩 撮影 永野雅子  ©Misawa Atsuhiko, Courtesy of Nishimura Gallery

三浦版のローカルニュース最新6

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

7月10日開幕、開会式はなし

6月12日号

相談窓口を一元化

地域包括支援センターおまかせ

相談窓口を一元化 社会

6月11日号

庭先で気軽に地域交流

庭先で気軽に地域交流 コミュニティ社会

新たな未病サロン発足

6月11日号

認め合う心を育んで

小羊保育園

認め合う心を育んで 教育

SDGsワークショップ

6月11日号

築150年の西洋館再現

ティボディエ邸

築150年の西洋館再現 文化

横須賀市汐入で開館

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter