三浦版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

迷惑者をキャベツで名物に 養殖ムラサキウニを試食

社会

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
キャベツウニを試食する来場者
キャベツウニを試食する来場者

 三浦名産のキャベツを餌としてムラサキウニに与えて育てる共同研究を行う神奈川県水産技術センターとまぐろ問屋「三崎恵水産」が今月12日、同社内で一般向け試食会を行った。「甘くて美味しい」「磯臭さがない」など好評で、商品化を期待する声もあった。

 ムラサキウニは、近年三浦半島沿岸に増殖。城ヶ島の西部では、2008年頃からカジメなどの海藻が消失する食害「磯焼け」が確認されており、藻場を必要とするアワビやサザエが特産として知られる島の漁業に影響を与えていた。生殖巣が未発達で可食部が少ないため食用に不向き、個体数が多く駆除に時間や労力がかかるなど、漁協関係者にとってその存在は悩みの種だった。

 県水産技術センターの臼井一茂さんは、ウニの雑食性をヒントに、野菜残渣をムラサキウニに与える養殖実験を開始。その1つに傷んで廃棄処分されるキャベツを与えてみると良く食べただけでなく、生殖巣の増加、独特の苦みを抑え、甘みと旨み成分を多く含む結果が出た。駆除されるウニと廃棄されるキャベツを使用する取り組みは、「マイナス×マイナスをプラスにするプロジェクト」として国内外から注目を集めていた。

 三崎恵水産でも今年5月から同センターの指導のもとで研究を始め、自社の水槽で飼育を実施。約2カ月で身入りの増加に至ったという。

 同社常務の石橋匡光さん=人物風土記で紹介=は、「まだ商品化に向けた実験段階。三浦市内での生ウニの販売やペースト・ソースなどの加工品にできたら」とし、三浦の新たな観光資源づくりへの意欲を話した。

共同研究を行っている水産技術センターの臼井さん(写真左)と三崎恵水産の石橋さん
共同研究を行っている水産技術センターの臼井さん(写真左)と三崎恵水産の石橋さん

三浦版のローカルニュース最新6

2家族で一軒家をシェア

2家族で一軒家をシェア 社会

新しい子育てのかたち

7月12日号

学生が集う場所に

学生が集う場所に 社会

関東学院大生が空き家改修

7月12日号

三崎×都心の2拠点生活

三崎×都心の2拠点生活 社会

元呉服屋をリノベーション

7月12日号

「ねないこだれだ」創作ルーツ

横須賀美術館

「ねないこだれだ」創作ルーツ 社会

絵本作家・せなけいこさんを特集

7月12日号

手づくりの魅力感じて

手づくりの魅力感じて 社会

約250点の作品展

7月12日号

物語の楽しさ知って

夏のおはなし会

物語の楽しさ知って 社会

7月12日号

活況と安全願い海開き

活況と安全願い海開き 社会

市内5カ所で

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク