三浦版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

「工房G」作品展 個性光る焼き物ずらり

文化

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市立中学校の元美術教諭・角野竹博さんが主宰する「工房G」の第8回作品展が、10月15日(月)から22日(月)に横須賀三浦教育会館(横須賀市日の出町3の19の16)で催される。

 約20人の会員による三浦の自然素材で作った陶芸作品「三浦焼き」や彫刻などを多数出品。会場内では、東日本大震災の遺児支援のためのチャリティー販売コーナーも設けられる。

 三浦焼きとは、土やサクラ・クス・ミカン・サカキの木の灰、海藻、マグロの骨など地元にある自然素材を釉薬に使った陶芸作品のこと。県内で初めて角野さんが独自考案した手法で、自然物が持つ素朴な風合いが特徴。

 午前10時〜午後6時(初日は1時〜、最終日は3時まで)。入場無料。詳細は角野さん【携帯電話】090・1122・3456

三浦版のローカルニュース最新6

みうら夜市今年も中止

「でっけぇマグロ獲ってこーい」

三崎漁港 花暮崖壁

「でっけぇマグロ獲ってこーい」 経済

新造船9年ぶり出航で賑わう

6月24日号

ラクロス6人制コート整備

潮風スポーツ公園

ラクロス6人制コート整備 スポーツ

女子日本代表が強化練習

6月24日号

夏のボーナス支給

三浦市

夏のボーナス支給 経済

一般職平均約75万円

6月24日号

市に絵本など寄贈

CFネッツ

市に絵本など寄贈 文化

倉橋代表がプロデュース

6月24日号

おしゃれな周遊ツアー化へ

「三浦野菜」活用

おしゃれな周遊ツアー化へ 経済

”チャリピク”社会実験

6月24日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook