三浦版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

高梨農園 三浦味わう“野菜のおやつ” 農水省の6次化認定

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
認定証を受け取る高梨さん=写真左=と、認定を受けた大判焼き
認定証を受け取る高梨さん=写真左=と、認定を受けた大判焼き

 金田の「高梨農園」はこのほど、同園で生産する野菜や果物を餡に使った大判焼きを商品化し、農林水産省の「6次産業化・地産地消法」の事業計画認定を受けた。「手づくりおやつ」をコンセプトに、うらりマルシェの同園直売所での実演販売を6月上旬から始め、味のバリエーションを増やしながら野菜と農業の魅力を伝えていく。

 「三浦野菜をその場で食べられるところがまだまだ少ない」「まぐろを目当てに来た観光客が食べられるおやつをつくろう」――。高梨農園の高梨尚子さんは、オリジナルの大判焼き誕生の着想を振り返る。コンセプトは「手づくりおやつ」。1個あたり約60gの食べごたえある餡には、自社農園で生産したサツマイモ・カボチャ・夏ミカンを使用。素朴な味わいをめざし、県内で多くの6次産業化商品の開発を監修する料理研究家の矢野ふき子さんらと、食材の味や特性をいかす調理法を試行錯誤したという。

 「暑い夏でも食べられるように」と限定商品を開発するなど、ラインアップにも工夫。モチモチとした食感の生地のなかに、夏ミカンと練り上げた白餡をはさんだ大判焼きを一度冷蔵庫で冷やしてから提供する「冷やし大判」は、柑橘の爽やかな甘さが特徴だ。「ポテトサラダや切り干し大根などを使った甘くない野菜のお菓子も作ってみたい」と今後の展開について高梨さんは意欲見せた。

「農業の魅力伝える」

 同農園はこれまでにも、規格外野菜の有効利用と経営安定化を図るために手掛けた無添加ジャムが県の「なでしこブランド」の認定を受けるなど、6次産業化を積極的に推進。矢野さんは「ノウハウがあり、商品づくりがスムーズだった」と話し、高梨さんは「(商品を通じて)若い人にも農業の面白さが伝われば」と期待を込めた。

 今月23日には、農林水産省関東農政局神奈川支局の坂本里美支局長から認定証が授与されたほか、試食が振る舞われ、参加者は笑顔で大判焼きを頬張っていた。

 うらりマルシェ1階の高梨農園直売所「甘味くらわんか」で、6月上旬に夏ミカン、今秋からカボチャ・サツマイモを1個180円で販売予定。

三浦版のトップニュース最新6

キッチンカーに夢のせて

キッチンカーに夢のせて 社会

「地域活性化に寄与したい」

7月12日号

空き家解消に一定指針

三浦市

空き家解消に一定指針 社会

対策計画を今秋策定へ

7月12日号

野菜モチーフで三浦表現

安房埼灯台

野菜モチーフで三浦表現 社会

新デザインで建替えへ

6月28日号

3小学校へ統廃合めざす

市教育ビジョン案

3小学校へ統廃合めざす 教育

2025年度目安に再編

6月28日号

三崎発、聖火が駆ける

東京五輪

三崎発、聖火が駆ける スポーツ

リレールート概要が発表

6月14日号

「集い、にぎわう拠点に」

三浦市民交流センター

「集い、にぎわう拠点に」 社会

ベイシア2階に開所

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク