三浦版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

三崎×都心の2拠点生活 元呉服屋をリノベーション

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
1階店舗はアート作品も展示し、空間を演出
1階店舗はアート作品も展示し、空間を演出

 港町・三崎。郷愁漂う商店街の一角、長らく貸店舗だった築50年の元呉服屋が、「あえり庵(あん)」と名付けられたシェアハウスに生まれ変わった。屋号は、空や空気を表すフランス語「Aérien」から。空を飛ぶ鳥のような自由さ、肩書きや年齢による上下関係のない風通しの良い場に――との願いが込められている。

 一般的な共同生活を送る定住型住宅ではなく、セカンドハウスとして機能。昨夏開所し、おもに都心に生活基盤を持つ20代〜70代の学生・会社員・経営者ら約25人の会員が、月1万円の家賃で気ままな“三崎暮らし”を満喫している。

 開所のきっかけは、「ヨット仲間の拠点づくりだった」と代表の原田祐二さん。油壺のマリーナへ足繁く通うが基本は日帰りで、地域とのつながりを求めて、夜は三崎の飲食店で居合わせた客と酒を酌み交わすなどして拠点づくりの方策やあり方を模索してきたという。

 立地は最寄り駅から路線バスに揺られること20分。となり近所にコンビニや娯楽施設はないが、都心にないモノがある。海と、人情と、うまい肴のある店と、ゆったり流れる時間だ。「地域の人とあいさつをしたり、子どもを可愛がってくれたり、些細な人づきあいが面白い」と原田さんは魅力を話す。

「活性化の一助に」

 「シャッターをおろしていてはもったいない」。地域活性化の一助になればと、1階をリノベーション。不定期ながら、先月末には焼き菓子やコーヒー豆・アート作品などを販売する店舗兼サロンをオープンさせた。ゆくゆくはカフェ営業や貸し会議室といった展開も視野に入れており、活用方法に知恵をしぼっている。
 

三浦版のローカルニュース最新6

「華やかな」フランス展

読者プレゼント

「華やかな」フランス展 文化

東京富士美術館

11月1日号

新日の川崎大会

11月23日

新日の川崎大会 スポーツ

20人招待

11月1日号

津波に備え、高台避難

津波に備え、高台避難 社会

11月9日に訓練

11月1日号

須坂復興の一助に

台風19号被害

須坂復興の一助に 社会

市・社協職員が派遣

11月1日号

セーリングを楽しもう

セーリングを楽しもう スポーツ

八景島で体験会

11月1日号

パステルで「愛」表現

市内在住・立川さん

パステルで「愛」表現 文化

11月8日から三人展

11月1日号

日蓮命日、にぎやかに

日蓮命日、にぎやかに 文化

初声町寺院で御会式

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月1日号

お問い合わせ

外部リンク