三浦版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

子育て賃貸住宅等整備 23年の供用開始めざす 南下浦市民センター解体へ

社会

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
子育て賃貸住宅等整備事業スケジュール(案)
子育て賃貸住宅等整備事業スケジュール(案)

 三浦市は人口減少対策の一環で、子育て世代向けの賃貸住宅整備計画を進めている。老朽化が激しい南下浦市民センターの建替えを兼ね、複合施設を建設。現在の施設は21年度に解体、23年1月の使用開始をめざす。

 現在の施設は延床面積約1200平方メートル。市役所出張所、図書館分館、実習室や講堂など市民センター機能を持ち、三浦海岸駅から徒歩2分の好立地で多くの市民が利用している。完成は1978年9月で築40年を超えており、建物や館内設備の老朽化が顕著となっている。三浦市は建替えを兼ね、移住・定住政策でもある子育て世帯を入居対象とした賃貸住宅整備計画を推進。複合型施設の新設により、子育て世帯の転入促進・転出抑制、市民サービスの利便性向上・コミュニティ形成をめざしたいとしている。

民間資本を活用

 新たな施設は、「市民一人ひとりが暮らしの楽しさを発見できる場所」「暮らし続けたいと思える住まいとコミュニティ」をあわせた、「三浦市ならではのライフスタイルの具現化・発信」がコンセプト。今後決定する契約事業者の提案により、具体的な内容が決まるが、市は1・2階に現在の南下浦市民センターの機能、2階から6階に2DK(1戸あたり約55平方メートル)を中心とした30戸の賃貸住宅を整備。多世代が自由に立ち寄れる交流スペースなどを想定している。

 また、総事業費は推算9億から10億円。設計や建設費など初期投資にかかわる市の負担を軽減させるため、国の地域優良賃貸住宅制度による助成金を活用する。また、事業方式は民間資金やノウハウを用いる公共施設整備「PFI(Private Finance Initiative)」に基づき、契約事業者が新施設の設計・建設、資金調達を担う。

 完成した施設はその後、市に所有権を移転。その後20年にわたって、同事業者へ維持管理や運営業務などを委託する「BTO(Build Transfer Operate/建設・移転・運営)」方式を採用予定だという。

 今後、予定されるスケジュールは10月末を目安に実施方針(案)を公表し、市民説明会を開催。来年4月から12月に事業者の公募・選定と事業契約を締結し、21年1月から設計、現施設の解体・建設工事に着手する。竣工予定は22年末。年明けからの供用開始をめざす。

保育拡充、求める声も

 先月末に開かれた市民向け説明会では、南下浦を拠点に活動するサークルや敷地内の備品倉庫を利用する地域住民などから解体時期や代替地、新施設の駐車スペースの質問があがったほか、子育て賃貸住宅の供用開始後、周辺の保育施設の動向や受け皿の拡充を求める場面もあった。

 市関係者によると、工事中の市役所出張所機能については近隣に一時移転も検討されている。

三浦版のトップニュース最新6

約5割が「住みよい街」

市民満足度調査

約5割が「住みよい街」 社会

健康・自然に高い評価

2月21日号

「将来見据えた堅実編成」

三浦市予算案

「将来見据えた堅実編成」 政治

一般会計に166億円

2月21日号

過去最高の6億円超へ

ふるさと納税

過去最高の6億円超へ 社会

ブームや独自返礼品が追い風

2月7日号

迷惑キャンプお断り

三戸浜

迷惑キャンプお断り 社会

漁港区域の釣りも全面禁止

2月7日号

面影受け継ぎ再出発

みやがわベーグル

面影受け継ぎ再出発 社会

三崎のエンゼルを利活用

1月24日号

早春彩る桜まつり

三浦海岸

早春彩る桜まつり 社会

来月8日から夜間点灯も

1月24日号

民間参入で活用策探る

城山地区市有地

民間参入で活用策探る 社会

宿泊施設など市場性調査

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク