三浦版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

老若男女が一投集中 第一回ボッチャ大会に30人

スポーツ

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
多世代が楽しめるボッチャの魅力を体験した参加者
多世代が楽しめるボッチャの魅力を体験した参加者

 三浦市スポーツ推進委員連絡協議会主催の「第1回ボッチャ大会」が、先月25日に潮風アリーナで行われた。

 東京パラリンピックの正式種目であるボッチャの体験を通して、同大会の機運醸成や障がい者スポーツへの興味関心を深めてもらおうと初開催された。

 障がいの有無や体格・体力、性別、年齢を問わず競い合える「生涯スポーツ」で、この日は親子連れや高齢者らが3人1チームを組み、10チームが出場。各コートで白熱した試合を繰り広げ、目標にピタリと寄せる好投が出ると拍手を送り、互いの健闘をたたえ合いながら得点を競った。

 母親と姉弟で参加した辻のどかさん(初声小4年)・拓磨くん(同2年)は、「上手にできたけど負けると悔しかった。投げて白い(ジャック)ボールに近づいたときのワクワク感がとても楽しかった」と感想を話した。

三浦での普及めざす

 前回のリオデジャネイロパラリンピックで、ボッチャ競技日本代表「火の玉ジャパン」は銀メダルを獲得。およそ半年後に開催が迫った東京大会での活躍が期待されている競技のひとつで、全国各地で普及活動が行われている。

 同協議会でも、2018年秋頃からルール講習などを実施。下地づくりに取り組んできたという。

 同会会長の青木謙之さんは「たくさんの人に楽しんでもらえるよう体験会も行いたい」と第1回大会の手ごたえを話し、今後の普及に意欲を見せた。

三浦版のローカルニュース最新6

「コロナに負けるな」応援の声

マホロバマインズ三浦 “誤字”投稿から予約相次ぐ

「コロナに負けるな」応援の声 社会

4月3日号

笑顔と涙の介護つづる

金田出身 大場さん

笑顔と涙の介護つづる 社会

4月3日号

ごみ収集車両を寄贈

農具650点を市重文指定

農具650点を市重文指定 文化

「生活文化示す貴重な資料」

4月3日号

思い出胸に巣立ち

市立小学校

思い出胸に巣立ち 教育

コロナ禍で式典簡略化

4月3日号

勇気ある行動に感謝状

横須賀市消防局

勇気ある行動に感謝状 社会

依岡隆位さんを表彰

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク