三浦版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

浦賀ドック周辺地 住重が横須賀市に寄付

社会

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
1899年完成のドライドック。底部分から撮影
1899年完成のドライドック。底部分から撮影

 横須賀市の上地克明市長は今月11日、住友重機械工業株式会社旧浦賀工場内にある国内最古級とされるレンガドックを含む周辺部の土地を同社から無償で寄付を受けると発表した。来年3月末の締結をめざす。活用方法については、産業遺産であるドックの展示を中心とした集客施設を想定しており、具体的な方向性を庁内で検討する。浦賀の再生に明かりが灯り、地域からは希望の声が広がった。

 市長就任以来、同社との信頼関係構築に努めてきたという上地市長は、記者会見で「クリスマスプレゼントが届いた」と喜びを表した。市が主導的に行っていた浦賀国際文化村構想や浦賀港周辺の整備計画を白紙にし、レンガドックの歴史的価値を後世に残して欲しいと伝えたことで事態が動いたと説明した。

 敷地面積約9万9千平方メートルの内、寄付を受けるのは西側の約2万7千平方メートル。レンガで作られたドライドックを有している。今年2月に同社から打診を受け、4月に正式決定の方針が伝えられた。

 上地市長は自身が掲げる「海洋都市構想」の中核に位置付け、レンガドックを中心とした保存活用の方針策定を急ぐ。同社が所有する残りの土地については、連携を密にして、市の意向を理解してもらえる約束を取り付けているとした。

 郷土史研究家でレンガドックなどの近代産業遺産に明るい山本詔一氏は、「ドックの心臓部であるレンガでつくられたポンプ室跡など貴重な資料を活かした展示などを期待するとともに、近代国家を成立させるための役割を担った造船技術の物語を伝えることを市と一緒に取り組みたい」と期待を話した。

三浦版のローカルニュース最新6

学校教育ビジョンを考える

三浦まちづくりの会

学校教育ビジョンを考える 教育

10月8日号

「うんこドリル」で啓発

三浦市交通安全協会

「うんこドリル」で啓発 教育

市内小学校に寄贈

10月8日号

秋の小演奏会

秋の小演奏会 文化

10月23日、音楽のつどい

10月8日号

マンホールカード配布再開

デッサンを楽しもう

デッサンを楽しもう 文化

11月13日に講座

10月8日号

コロナ禍でも「生徒と共に」

コロナ禍でも「生徒と共に」 教育

私立学校協会の理事長に聞く

10月8日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook