三浦版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

潮風スポーツ公園 大型遊具設置へ 年度内の完成めざす

社会

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena
遊具イメージ図(市提供)=写真上=、スポーツ公園内設置予定地=同下=
遊具イメージ図(市提供)=写真上=、スポーツ公園内設置予定地=同下=

 初声町下宮田の潮風スポーツ公園で、ふるさと納税への寄附金を活用して新設される大型遊具の設置工事が始まった。完成は今年度内で、4月以降の供用開始を予定。三浦市は子育て支援の充実と、新たな交流の場として市民から親しまれる公園づくりを進めていく。

 設置予定地は、多目的グラウンドと野球場の間に芝生が広がる林間広場。周辺にはベンチが数基置かれており、「眺望がよく、保護者が遊具で遊ぶ子どもたちを見ながら休憩することもできる」と市は選定理由を説明する。

 幼児用と児童用の2種類を整備。いずれも耐塩害の材質で、設計図によると、すべり台、うんてい、ネットやロープクライミングなどが一体となっている。

 市は子育て支援充実の観点から、子どもたちやその家族から親しまれる公園づくりを促進。加えて、現在はサッカーや野球チームなどが中心となっている公園利用者の幅を広げ、新たな地域交流の場として活用していくという。

子育てに寄附集まる

 今回の設置費用等の財源は、使途を子育てや教育環境の充実に限定した、三浦市ふるさと納税「みうらっ子応援プロジェクト」を活用。2019年度に寄附のあった1750万円が充てられる。

 同プロジェクトは、2017年度からスタートし、19年度までに合計9800万円の寄附を受け付け。これまでに外国語教育用タブレットや防犯カメラの導入、災害時子ども・乳幼児用食料・備品、地震速報システムの整備などに使われた。18年度には、「公園の遊具を新しく安全なものに」と銘打った事業計画に対し、950万円が集まり、市内の公園で交換が必要な遊具など計10基をリニューアルした。

 今年度は、来年度とあわせた2カ年プロジェクトで、子どもたちの快適な学校生活の確保をめざし、トイレの洋式化を掲げる。洋式便器充足率の低い市立小中学校から順次整備するため、3000万円の目標額を設定。昨年12月現在で約2193万円(達成率73・1%)が集まっている。

 なお、寄附は三浦市民からも受け付けているが、その場合は返礼品は受け取ることができない。
 

三浦版のトップニュース最新6

3年ぶりに開催へ

三浦国際市民マラソン

3年ぶりに開催へ スポーツ

種目限定で3密対策徹底

10月22日号

抗体カクテル療法導入

三浦市立病院

抗体カクテル療法導入 社会

専用病床確保で体制整備

10月22日号

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 コミュニティ社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook