三浦版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

三崎で大間まぐろ解体 地元若手漁師が一本釣り

社会

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
147キロのまぐろを丁寧にさばいた
147キロのまぐろを丁寧にさばいた

 「今からまぐろを解体するよ、大間の生本まぐろ」。11月9日の朝、事務所でパソコン仕事をしていると、三崎でしらす漁を営む君栄丸の宮川元彦さんから一報が入った。これは素人でも分かる貴重な体験と、急いで加工場に向かったところ、即席の解体台と化した軽トラックの荷台に横たわり、丸々と太った腹を天に見せるまぐろがあった。聞けば、重さ147キロ。駆けつけた鮮魚店・活々水産の大庭剛さんが慎重な手つきでさばき始めた。「大型のまぐろの解体は、専用包丁を使うんだけどね」。従来扱わない魚種のため、出刃包丁などを駆使して巨体と格闘。包丁が骨にコツコツと当たる音が響く。その様子はインスタグラムでもライブ配信され、「ここがトロの部分」などと説明しながら、切りたての柵を見せていた。

 この日解体されたのは、「黒いダイヤ」とも称される本まぐろ(くろまぐろ)。青森県大間で水揚げされ、頬には“大間ブランド”を示すラベルが貼られていた。

 三崎港も全国有数のまぐろ水揚港で知られるが、遠洋漁業の基地として発展。そのため扱われるまぐろのほぼすべてが冷凍され、「生の近海本まぐろ1匹が三崎にあること自体が稀有なのでは」と宮川さんは話す。

 ではなぜ、そのようなまぐろが目の前にあるのか-。宮川さんの次男・樹さんは、三崎初のまぐろ漁師だ。父と同じ漁師の道を志し、下積みを経て3年前に26歳で独立。当初は金目鯛漁を主軸に操業していたが、現在はまぐろという大きな夢を追いかけている。

 相棒の「第五君栄丸」で今年8月末に三崎を出港。年末頃まで操業を続けるなか、釣り上げた大物を競り落とし、家族のいる三崎へ送ったのだという。「自分は普段1匹1グラムもないシラス漁をしているけれど、息子は100キロを超えるまぐろ漁なんて笑っちゃうよね」と冗談めかしながらも、宮川さんは息子の成長に喜んだ。

 「せっかくだからどうぞ」と切りたてを試食させてもらうと、ねっとり柔らかい肉質に上品な脂の甘み。おいしさへの感動と、「おいしい」と月並みな感想しか出ない語彙力に泣けてしまう。

 その後、ライブ配信を見た料理人や地元客から購入連絡が入り、当日のうちに完売したという。

三浦版のローカルニュース最新6

早春告げる水仙咲く

県立城ケ島公園

早春告げる水仙咲く 社会

1月21日号

力作労作を披露

さかえ書道教室

力作労作を披露 文化

1月21日号

「タバコの煙に困っています」

受動喫煙防止ポスター

「タバコの煙に困っています」 教育

初声中・齊田さんが特賞

1月21日号

初心者のための俳句入門

初心者のための俳句入門 文化

2月15日に講座

1月21日号

三浦のいいものマルシェ

三浦のいいものマルシェ 社会

マホロバで1月23日

1月21日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook