三浦版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

小網代出身松倉さん 地元舞台作品を初監督 2月公開めざし制作

文化

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
松倉大夏(写真左)…1978年生まれ、三崎町小網代出身。名向小学校、旧上原中学校、県立横須賀高校を卒業。2003年からフリーで映画やドラマの助監督として活躍し、ドキュメンタリー番組の監督なども務める。おもな参加作品に「空白」「ミッドナイトスワン」「スカブロ」「ゴールデンスランバー」などがある。
松倉大夏(写真左)…1978年生まれ、三崎町小網代出身。名向小学校、旧上原中学校、県立横須賀高校を卒業。2003年からフリーで映画やドラマの助監督として活躍し、ドキュメンタリー番組の監督なども務める。おもな参加作品に「空白」「ミッドナイトスワン」「スカブロ」「ゴールデンスランバー」などがある。

 三崎町小網代出身で、映画・ドラマの助監督として活躍する松倉大夏(だいか)さんが、猿島(横須賀市)を舞台にした短編映画制作に取り組んでいる。豊かな自然と歴史遺産が数多く残る島の魅力をPRする映像制作プロジェクトに監督として参加。映像業界を志すに至ったきっかけや今作への思いなどを聞いた。

 松倉さんは幼少期からテレビや映画を見るのが好きで、物心ついた頃から漠然と映像制作の世界に憧れを抱いていた。それは、進学した都内の大学近くにあった名画座「ギンレイホール」に、日がな一日入り浸ることもあったほど。学年が上がり、そろそろ就職活動が現実味を帯び始めようかという時、「映画関係の仕事に就くにはどうしたらいいか」と、思うようになったという。しかし、実際は専門知識を学んだわけでも、人脈があるわけでもなく、具体的に何をすればなれるのか考えあぐねていた。

先輩との出会い

 「先輩に映画監督がいるよ」。ある日、母校である県立横須賀高校バスケットボール部のOB会で紹介されたのが、同じく三浦市出身の矢城潤一さんだった。矢城さんが製作・監督・脚本・編集を務めた映画「ある探偵の憂鬱」に感銘を受けて志願し、大学で哲学を学ぶ傍ら、見習いとして初めて現場に足を踏み入れることになった。

 その後、大学院へ進むが、26歳の誕生日を前にふと疑念を抱く。「はたして、このままでいいのだろうか」。かつて頭の中で思い描いていた20代後半の大人像は、精力的に仕事をこなす姿。「高校を出て専門学校へ通い、すでに現場でキャリアを積んでいる人たちがいる。そろそろ本格的に映画の仕事をしなければ」と決意した。

  *  *  *

 現代美術家の両親のもとに生まれ、義父もまた現代美術家だ。「作品が売れて初めてお金になる仕事。親の作業を手伝ってと言われても、ほとんど仕事(お金)にならないのにと思っていた」と、子どもながら反発心があった。「同じ"作品づくり"でも、自分が映像制作を選んだのは、その反発がどこかにあったからかもしれない」

 大学院を3年で中退し、映画やドラマの助監督としてフリーで活動。以降、数々の作品に携わり、横須賀を舞台にした矢城監督作品「スカブロ」もその1つだ。経験を積むなかで、「猿島をPRするショートムービーを(監督として)撮ってみないか」と再び同氏に声を掛けられ、二つ返事で引き受けた。

地元凱旋を誓う

 猿島は青春時代にもたびたび訪れたことのある、思い出深い場所。冬でも青々と茂る草木、光、トンネル、黄金色に染まる夕景、対岸に見える市街地の夜景など、撮影を機に改めて秘められた魅力を感じることができたという。

 手掛けた作品の名は、『タイムレスアイランド』。40年前のプロポーズ以来、初めて猿島にやってきた夫婦が主人公だ。思い出話をしながら島を回る途中、俳優の中原丈雄さん演じる夫が、「じつはあの日、きみにプロポーズをするつもりはなかったんだ」と打ち明け、1人の男の子との不思議な出会いについて語り出して-という物語。

 撮影は12月中旬に行われ、「いいものが撮れたと思う。とても楽しかった」と笑顔。「(女優の)大島さと子さん演じる妻の明るく快活なキャラクターが魅力的で気に入っているので、そこも見てもらえたら」

 初日こそ雨に泣かされ頭を抱えたが、難題をどう解決していくか、制作の進行管理を一手に任される助監督としてのノウハウを発揮して乗り越えた。「ゆくゆくは横須賀の映画館のスクリーンで、自分の監督作品を流せるように頑張りたい」と目標を語った。

 ショートムービーは、(株)トライアングルのユーチューブチャンネルで2月公開予定。

三浦版のトップニュース最新6

「初声の歴史知って」

市民グループうぶごえ

「初声の歴史知って」 文化

史跡まとめたマップ作成

5月13日号

畑の中に釣り堀オープン

高円坊農業生産法人

畑の中に釣り堀オープン 文化

新たな観光スポット誕生

5月13日号

30周年記念誌「絆」発行

市ボラ協

30周年記念誌「絆」発行 コミュニティ社会

助け合いの歩み、1冊に

4月29日号

個性派ポスター制作

三崎下町環境美化の会

個性派ポスター制作 コミュニティ社会

一斉清掃5月20日に向け

4月29日号

「移住相談」増加続く

三浦市

「移住相談」増加続く 社会

21年は転入者プラスに

4月15日号

江戸期の商家、宿に再生

江戸期の商家、宿に再生 経済

顧客回遊で夜の賑わい創出へ

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook