三浦版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

市民グループうぶごえ 「初声の歴史知って」 史跡まとめたマップ作成

文化

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
完成品を手にする飯田さん(左)と井坂代表
完成品を手にする飯田さん(左)と井坂代表

 初声地区を拠点に活動する市民グループ「うぶごえ」が、エリアに点在する史跡などをまとめた「歴史と自然の初声おさんぽマップ」を作成した。鎌倉幕府を支えた武将・和田義盛にゆかりのある地などの情報をこと細かに記載。県立初声高校の漫画部ともコラボし、生徒がイラストを手掛けた。6000部印刷し、5月14日(土)以降には、発行するために協賛した事業者のもとに配布され、寺院や店舗などで誰でも手に取ることができる。

地元高・漫画部とコラボ

 「初声を元気にしよう」を合言葉に10年ほど前、市民有志で発足した「うぶごえ」。現在メンバーは26人で、その多くが地元の農家ということもあり、ホームセンター「カインズ三浦店」で朝採れ野菜を販売するほか、引橋から赤羽根まで県道134号線沿いの清掃などを行っている。

 「三浦一族にまつわる史跡など、数多く残る初声の歴史を掘り起こし、地元の人はもちろん観光客に、その魅力の一端に触れてもらいたい」と、3年以上前に「おさんぽマップ」制作を企画。参考文献をもとに、メンバーが実際に街を歩き、寺の住職などから聞いた生の声を詳細に綴った。地元ゆかりの和田義盛、その孫の和田朝盛、三浦義澄の子である三戸友澄についてや史跡巡りのルートなどを紹介。初声高にも協力を仰ぎ、漫画部員が3人の武将をポップなタッチで描いた。

 「この1枚をじっくり読めば”初声マスター”になれる良いマップが出来た。協賛事業者の皆さんに感謝したい」と事務局を務める飯田俊行さん。井坂和子代表は「偶然にもNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で三浦一族が登場するなど、追い風ムードがきている。たくさんの人がマップを片手に初声を巡るきっかけになってもらえれば」と期待を込めた。

 サイズはA3・三つ折り。協賛した約50カ所に配架される。

 詳細は「うぶごえ」事務局(ティーサロンNagomi)【電話】046・887・1338

三浦版のトップニュース最新6

トップの座を射抜け

菊名在住ギャンビルさん

トップの座を射抜け スポーツ

ビームライフルで全国へ

6月24日号

幼・保・学童で就労説明会

三浦市

幼・保・学童で就労説明会 社会

深刻な人材不足受け初開催

6月24日号

駆け上がれ 夢の舞台へ

和田在住高橋さん

駆け上がれ 夢の舞台へ スポーツ

陸上800mで南関東に挑戦

6月10日号

コロナ関連給付事業に

三浦市補正予算案

コロナ関連給付事業に 社会

子育て世帯などへ支給

6月10日号

地域に広がれ紙芝居の魅力

地域に広がれ紙芝居の魅力 文化

愛好家らがグループ結成

5月27日号

土砂崩れ予兆把握にIoT

三浦市

土砂崩れ予兆把握にIoT 社会

民間事業者と実証実験

5月27日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook