逗子・葉山版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

星座にまつわるエトセトラ「星はすばる」

 「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる」

 学校で暗記した方も多いはず。「枕草子」の第一段です。清少納言は日常生活や四季の自然、自分が仕えた宮廷社会などを綴っています。そして、その中には「星」のことも書かれています。

 「星はすばる(プレアデス星団)。ひこぼし(アルタイル)。ゆふづづ(宵の明星・金星)。よばいぼし(流れ星)、すこしおかし。尾だになからましかば、まいて」

 星はすばるが一番と書いているのです。

 3月下旬から4月上旬にかけて、日没後の西の空に、火星(ゆふづづではありませんが)とすばるが近づいて見えます。目印があるのでチャンスです。4月5日は新月なので、月明かりもなく見つけやすいと思います。雅な気分で、見上げてみませんか?

逗子・葉山版のコラム最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク