藤沢版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

VOL.127 租税教育の充実

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena

 国税庁では、次代を担う児童・生徒等が、民主主義の根幹である租税の意義や役割を正しく理解し、社会の構成員として税を納め、その使い道に関心を持ち、さらには納税者として社会や国の在り方を主体的に考えるという自覚を育てることを目的に、租税教育の充実に向けて支援を行っています。

 具体的な支援策として、税務職員、地方税職員及び税理士等の租税教室への講師派遣、学校教育関係者への租税教育セミナーの開催などを実施しています。

 国税庁では以前から租税教育の重要性を認識し、小学校などにおいて租税教室を推進してまいりましたが、平成23年度の税制改正大綱において初めて「租税教育の充実」について閣議決定され、官民及び関係省庁が連携して租税教育の充実に取り組むことになりました。

 税は、取られるものではなく、日本という国を持続可能な社会として健全に運営していくために国民ひとりひとりが自らの責任で負担していくものであり、それこそが民主主義の原点だと言われています。安全で健康的な生活を安心して過ごしていけるのも税を中心とした財政による社会基盤があってのこと。そのことを理解してもらうところから、租税教育は始まります。

 当たり前の生活を支える税の重要性については、小中学生はもとより、高校以降の教育の現場においても習得していただきたい素養だと考えています。(藤沢税務署広報広聴官)
 

藤沢版のコラム最新6

世界に恋われる日本のシルク

フジサワTECH

世界に恋われる日本のシルク

4 湘南センコー株式会社

5月1日号

明治から令和へ続く印刷道

明治から令和へ続く印刷道

3 株式会社さんこうどう

3月20日号

研磨技術に誇りをもって

研磨技術に誇りをもって

2 有限会社日興研磨工業所

2月28日号

誠意が光る「機械産業の米」

誠意が光る「機械産業の米」

1 株式会社須藤製作所

12月6日号

HOW TO コミュニケーション

コラム

HOW TO コミュニケーション

連載8 「上手な夫婦喧嘩の収め方」

2月22日号

HOW TO コミュニケーション

コラム

HOW TO コミュニケーション

連載7 「夫と外出する時のHOW TO」

12月7日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フランス人画家個展

フランス人画家個展

鵠沼海岸で19日まで

7月2日~7月19日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク