鎌倉版 掲載号:2011年3月11日号
  • googleplus
  • LINE

学力向上へ授業体制変更 4月から 県立七里ガ浜高校

教育

「学習環境の整備を」と吉田校長
「学習環境の整備を」と吉田校長

 神奈川県立七里ガ浜高校(786人・吉田幸一校長)は、学力向上への取り組みとして新年度から授業体制の変更を行う。

 教育指導要領の改訂(高等学校は2013年度から)を見据え、現状の90分授業を50分へ見直し、2学期制を3学期制に変更する。また大学進学に向けた学習環境を作るために、大型連休前の夏期講習メニュー提示や、成績不振者の補修なども実施する。国際理解を進めるための英語力向上もポイントの一つだ。

 新入生には、入学前の合格者説明会で、高校生活で何がしたいかを問う作文や各科目の課題を出す。4月に校外で実施する特別授業「新入生合宿」では、同校卒業生の高徳院住職・佐藤孝雄さんの講演も企画した。

 これらの取り組みは、ソニー出身で昨年4月に同校へ赴任した吉田校長が、民間経験を活かし発案した。校長は「自分で考える能力をつけさせたい。そのためにも、組織経営のマネジメントを明確にし、教育力の向上を推進する」と話した。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク