鎌倉版 掲載号:2012年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

駅伝上位目指し結団式 市陸上競技協会、初の試み

スポーツ

結団式に市内から実力ある選手が勢ぞろい。唯一大学生の水谷響さん(東海大陸上部)は「自分の限界に挑戦したい」と気迫充分
結団式に市内から実力ある選手が勢ぞろい。唯一大学生の水谷響さん(東海大陸上部)は「自分の限界に挑戦したい」と気迫充分

 駅伝チームの強化を目指し市陸上競技協会(金井勝政理事長)は今月6日、初の試みとして市選手団の「結団式」を市内で行った。

 当日は、駅伝の代表候補として選ばれた市内在住の大学や高校、中学の学生ら14人が出席。まずは、1月15日(日)開催の「第66回三浦半島県下駅伝競走大会(主催、横須賀市他)」にA・Bの2チームで挑む。

 県内市町村対抗となる2月12日(日)の「第66回かながわ駅伝競走大会(主催、神奈川県他)」の選手は、今月8日の市民ロードレースおよび、三浦半島駅伝の結果、また今年の個人記録を参考にして選出するという。

 三浦半島駅伝のチームA監督を務めるのは深沢中職員の高橋郁夫さん。チームBは、手広中陸上部顧問の池田克行さんが監督。

 鎌倉市は昨年、三浦半島駅伝で最下位、かながわ駅伝では30チーム中21位と下位に甘んじている。

 かながわ駅伝でも監督を務める池田さんは「選手のツブは揃っている。一年間を通しチームとして強くしたい」と意気込みを語った。

 今回の代表候補は、高校生を主体としたチームで、3年から5年計画で育成し、県内上位を狙う。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク