鎌倉版 掲載号:2013年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

おしゃれに生ごみ処理 市民団体の発案から

社会

考案者の松本さん(左)と改良に携わった河野さん(右)=20日
考案者の松本さん(左)と改良に携わった河野さん(右)=20日

 ごみの発生抑制、焼却量の削減のため、市や事業者と協働して活動している市民団体「鎌倉のごみ減量をすすめる会」(高田晶子代表)が、非電動型生ごみ処理器「バクテリアdeキエーロ」のおしゃれなタイプの普及をすすめている。

 キエーロは、葉山町在住の松本信夫さんが考案した。蓋を開けて土に埋めるだけで微生物が生ごみを分解する、維持費の一切かからない処理器だ。臭いや虫が発生しにくく、葉山町や逗子市で普及、鎌倉市でも導入を促進している。

 同会からの「若い世代に普及したい」という話を受けた松本さんが素材などを刷新して作り直し、同会の河野(かわの)千種さんらが小さな亀のイラストなどをあしらったデザインやペイントを担当した。ベランダ用と庭置き用の2つの大きさが選べ、色は緑とからし色の2種類。本体と黒土セットで2万4千円。市が9割を負担するので自己負担額は2400円になる。

 問合せは松本さん【電話】090・6155・0675へ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク