鎌倉版 掲載号:2015年9月11日号 エリアトップへ

「地震、津波時の対応知って」 地域参加型防災イベント

社会

掲載号:2015年9月11日号

  • LINE
  • hatena
消火訓練を行う少年
消火訓練を行う少年

 「津波が来たら高い所へ逃げるプロジェクト」が9月5日、鎌倉生涯学習センターを中心に鎌倉駅周辺で開催された。

 これは大地震の際、津波による被害を出さないため、地域住民に日頃から問題意識を持ってもらおうと、市民有志が主催したもの。今年で3回目。

 当日は津波の発生を想定して、実際に高い場所へ避難する「逃げ道体験」のほか、スルガ銀行前では水消火器による消火訓練、家屋などが倒壊し身動きが取れなくなった人の救出作業を体験する「ジャッキアップゲーム」などが行われた。母・美絵さんとともに参加した中本結心くん(6)は、「ママが困っていたら助けてあげる」と話した。

 また、鎌倉生涯学習センター和室では関東大震災体験者の声を聞くシンポジウムも。語り部の一人、伊藤武子さん(83)は当時材木座で被害にあった母の話として「激しい揺れの後、津波が街の全てをさらってしまった。とにかく身一つで逃げることしかできなかったそうです」と語った。そして「どんなに辛い体験でも時が経つと記憶は薄れてしまうもの。震災はいつ来るかわからない。普段からいざという時のことを考えておくべき」と呼びかけた。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「市歌体操」を動画で

「市歌体操」を動画で 文化

高齢者の体力づくりに

5月29日号

マリーゴールド800株植栽

マリーゴールド800株植栽 文化

かまくら桜の会

5月29日号

詐欺被害、未然に防ぐ

詐欺被害、未然に防ぐ 社会

コンビニ店に感謝状

5月29日号

ふるさと納税で事業者支援

【Web限定記事】鎌倉市

ふるさと納税で事業者支援 社会

対策資金1千万調達目指す

5月22日号

英字ミニコミ紙「湘南ポスト」が20周年

英字ミニコミ紙「湘南ポスト」が20周年 文化

ボランティアで地域の魅力発信

5月22日号

「発達の不安」に対応

「発達の不安」に対応 教育

オンライン相談開始

5月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク