鎌倉版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

鎌倉市 障害者の社会進出後押し 条例制定し情報得やすく

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
市長会見での手話通訳
市長会見での手話通訳

 手話や点字などの手段によって視覚・聴覚障害者らが情報取得の機会を確保し、社会に参加しやすい環境をつくることを目的にした条例が7月2日、鎌倉市議会で全会一致で可決し、成立した。行政だけでなく、市民、事業者にも役割が求められている。

 条例は、障害がある人が不安や不便を感じることなく生活ができるよう、情報取得、意思疎通などが円滑に行える環境整備を市が努めることを明記している。

 市は、発行する広報紙で点字版、音声版を発行してきたが、さらに情報を取得しやすいように、他の媒体などにも広げていく方針。市長の定例記者会見では昨年10月から手話通訳を導入した。健康福祉部は「各課で、できること、必要と思われることを洗い出している。できることから始め、予算が必要となるものは来年度から行う予定」としている。

 条例には事業者に対し、点字によるメニュー表の開発や補助犬の受け入れなどを念頭に、協力を求めることが記載されている。「関連する団体と協議し、実現に努めたい」と同課。

補助犬への理解を

 条例には、情報取得、意思疎通を図る手段として筆記や音声のほか、身体障害者補助犬も明記された。市議会では「盲導犬など補助犬が市内の店舗を利用できない」という声を受け、「補助犬と暮らすフレンドリーなまち鎌倉を実現する政策法務研究会」(代表・吉岡和江市議)を立ち上げ、2020年に提言書を松尾崇市長に提出した。メンバーのひとり久坂くにえ市議は「補助犬に関する法律はあるが、現実と大きく乖離している。明記することで多くの人が課題を認識し、利用しやすい社会になれば」と話している。

 条例制定を受け、市身体障害者福祉協会の木村康洋会長は「助けが必要な人が身近にいることを多くの市民に知ってもらうきっかけになれば。公共から民間へと広がってほしい」とコメントした。市聴覚障害者協会の春吉秀雄会長は「制定され、実にうれしく思っている。まだ急病や災害時の情報取得には課題がある。バリアフリー社会の鎌倉市であってほしいと願っている」とした。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

頼朝、なぜ鎌倉へ?

頼朝、なぜ鎌倉へ? 教育

歴史文化交流館で企画展

9月24日号

3作品が仏国際写真賞に

3作品が仏国際写真賞に 文化

浄明寺の高橋智史さん

9月24日号

今泉地区で好評「健康バー」

今泉地区で好評「健康バー」 社会

清水直道さんが開発

9月17日号

大河通じた鎌倉PR開始

大河通じた鎌倉PR開始 経済

Web「観光公式ガイド」で

9月17日号

「銅」伊藤槙紀さん凱旋

パラ卓球

「銅」伊藤槙紀さん凱旋 スポーツ

「パリでもメダル」目指す

9月10日号

司書の採用求め署名提出

司書の採用求め署名提出 文化

市民団体「ととも」が市へ

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook