神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年2月23日 エリアトップへ

材木座はつひので 難民と話す機会に カレー会を毎月開催

社会

公開:2024年2月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
参加者に母国の話をするリヴィさん(手前)=15日
参加者に母国の話をするリヴィさん(手前)=15日

 材木座の「関係案内所はつひので」からスパイスの香りが漂う。月に一度、スリランカカレーを振る舞うのはアルペなんみんセンター(十二所)で暮らすリヴィさん(50)。難民認定を目指すリヴィさんにとって、カレーを味わいながら集った人々と話すのは楽しいひとときだ。

 リヴィさんのカレーは、母直伝の味。大鍋で鶏肉やジャガイモをスパイスと一緒に煮込み、日本人向けのマイルドな辛さに仕上げる。8回目の開催となった2月15日も、「いっぱい食べて」と振る舞うと、参加者からは「おいしい」「スリランカカレー大好き」と笑顔が返ってきた。

 スリランカへ渡航歴がある参加者とは、紅茶の名産地ヌワラエリヤの茶畑や高原列車の話に花が咲いた。一方で、母国で銃撃を受けた際にできた腕の傷を見せ、「今も痛い」と打ち明けた。

「カレー店」夢見て

 リヴィさんは、スリランカが内戦中の2002年に友人を頼って日本の栃木県に逃げてきた。母国では大臣のボディーガードをしていたが、武装組織のことを密告したことで命を狙われるようになり、国外への避難を決意。家族はアメリカやカナダの知り合いを伝手に散り散りに逃げた。

 言葉も分からないまま、日本に逃げてきて20年以上が経った。今では、会話も難なく日本語ででき、「これからも日本にいたい。(難民認定されたら)カレーの店を出したい」と思うまでに日本を好きになった。

難民認定の高い壁

 リヴィさんは現在、1回目の裁判中で3回目の難民認定申請中だ。

 だが、日本の難民認定率は低いのが現状だ。2022年の難民認定申請者は3772人、認定されなかったことに不服がある人による審査請求は4461人。その中で難民に認定されたのは202人で認定率は約2%だった。0・3%以下だった5年前と比べると上がってはいるものの、認定率の高いイギリスは約70%、認定数の多いドイツは約20%と他国よりも低いことが分かる。

 現在リヴィさんは、就労ができず移動制限もある「仮放免」中のため、月1回のカレー会もボランティアでの参加だ。次回は3月14日(木)の正午から。参加費は1500円と投げ銭。はつひのでのインスタグラムやフェイスブックから予約を。

鎌倉版のトップニュース最新6

官民連携で孤独、孤立対策

「つながり」創出へ仕掛け

官民連携で孤独、孤立対策

プラットフォーム創設

4月12日

深沢高、最後の入学式

深沢高、最後の入学式

3年後に藤沢清流と統合

4月12日

「ケアラー支援条例」施行

鎌倉市

「ケアラー支援条例」施行

学校の相談員増や啓発も

4月5日

「鳩スタ」台に移転へ

「鳩スタ」台に移転へ

教習所跡 12月開業見込む

4月5日

ペット避難の指針策定

鎌倉市

ペット避難の指針策定

受け入れ条件や備え示す

3月29日

市内初、EV路線バス発車

市内初、EV路線バス発車

江ノ電が2台運行へ

3月29日

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook