茅ヶ崎版 掲載号:2012年6月1日号

作りだす人たち。 Caravanインタビュー

新たな環境と音楽への覚悟 文化

 聴く人を様々な旅に誘うような、柔らかな歌とメロディ―。茅ヶ崎在住のシンガー・ソングライターCaravan(キャラバン)が、新たな環境としてプライベートスタジオを市内に立ち上げ、このほど最新アルバムを完成させた。

 昨年末、7年間所属していた大手レコード会社を離れた。ターニングポイントとなったのは東日本大震災だ。茅ヶ崎に自分のスタジオを建てようと準備していた矢先の出来事。被災地となった石巻から届くはずの建築資材も届かず、一度作業をストップさせた。

 「まずは自分の眼で状況を確かめようと東北へライブに行ったんです。こんな時に?って考えもありましたが、被災地ではこんな時こそ音楽を伝えるのが大切だっていうことと、ばらばらになってしまった人たちが集まることが出来る場所やきっかけみたいなものの重要さも分かりました」。

 人々の価値観が大きく揺らめいたこの時期。自身が選んだのは「いちミュージシャンとして、何かに頼らず、これまで以上に自立した音楽活動をしていこう」という、ある意味原点ともいえる考え。「自分のペースで、そしてより覚悟を持って、ですね」と、穏やかな表情の中にも強い意志を感じさせる。

最新作は手から手へ

 「マイクを立てて録音ボタンを押したのも自分で、録った音を仕上げる作業もこのスタジオで行いました」と話す、まさに手作りの最新作「The Sound on Ground」が6月1日(金)に発売される。

 鉄砲道を通って自宅とスタジオを往復する時は録った音を確認しながら、そして地元の仲間との日々の交流など、最新作からは湘南の空気感を内包したホームメイドな感触も伝わる。

 先日の日比谷野外音楽堂ライブで先行発売された今作はCDショップなどでの販売予定はない。ライブ会場と自身のホームページ、それと気心の知れた茅ヶ崎の一部店舗に置かれるだけだ。「町の商店街のお豆腐屋さんがこだわりの美味しい豆腐を売るような、手から手に渡るダイレクトなコミュニケーションが取れるやり方だと思います」。

 今年は初となるフジロックフェスティバル出演も決定。自身も変革を迎えた今、新たなCaravanが見られる1年となりそうだ。
 

今回は全ての楽器を演奏
今回は全ての楽器を演奏

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

製造業に期待も流通業は先行き不透明

30周年記念のステージ

女声合唱団湘南はまゆう

30周年記念のステージ

1月20日号

「文化振興に役立てて」

湘南ステーションビル株式会社

「文化振興に役立てて」

1月20日号

「さらに素晴らしいまちに」

茅ヶ崎JCが新年式典

「さらに素晴らしいまちに」

1月20日号

各所で指導・相談受付

確定申告

各所で指導・相談受付

1月20日号

元プロ野球選手が指導

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク