茅ヶ崎版 掲載号:2013年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

水田彩るレンゲ草 景観保全と土壌改良で

文化

田んぼにピンク色の花が咲く(4月22日撮影)
田んぼにピンク色の花が咲く(4月22日撮影)

 茅ヶ崎市内の水田で、このほどレンゲ草が見頃を迎え、可愛らしい花が水田一面をピンク色に染めている。 これは市が水田保全対策の一環として、市内の農家の協力を得て田んぼにレンゲ草の種をまいているもの。2009年度から始め、水田景観保全と土壌改良のために毎年秋に種をまき、翌年春に花を咲かせている。

 レンゲ草はかつて春の農村の風物詩として知られ、人々の目を楽しませていた。それだけでなく、そのまま一緒に耕してしまえば有機肥料としての効果がある緑肥植物であり、土壌改良につながる。

 今回は芹沢、堤、西久保、萩園、円蔵などの市内13農家に合計77kgのレンゲ草の種を配布しており、播種面積は約3万3800平方メートルに上っている。

 4月下旬から5月上旬にかけて、田植えの準備のために順次耕されている。
 

ラスカ茅ヶ崎桜スイーツ福袋販売

春のおすすめ14種類の桜スイーツが大集合!

http://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大島泰毅&家族展

市民ギャラリー

大島泰毅&家族展

4月4日~4月8日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク