神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2015年10月23日 エリアトップへ

ネパールの女学生を支援 中海岸の林美砂さん

公開:2015年10月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
カトマンズを訪れた林さん(中央)
カトマンズを訪れた林さん(中央)

 茅ヶ崎市中海岸の自宅でギャラリーを開く林美砂さんが9月16日から25日までネパールの首都・カトマンズを訪問し、4月に発生した地震で被害を受けた現地の学生に義援金や衣類などを届けた。

 これは林さんが参加する支援団体「女性や子供の為(Social Economic)の社会的な経済福祉行動(Welfare Action For Woman & Children)」(=SEWA)の活動で実施したもの。SEWAは、ネパール出身のシタール奏者で東京芸術大学の講師も務めたスシュマ小俣さんが、ネパールに住む貧しい家庭の女子学生の教育支援を行うため1995年に発足。教員や主婦など22人の会員が、会費や募金活動などで資金を集めて学費の支援を行っている。2015年10月現在、支援している学生の数は73人。林さんは2011年から活動に参加している。

女性の活躍する国に

 林さんは先の地震で住居が倒壊するなどの被害を受けた学生5人の家を回り、SEWAのメンバーから託された義援金や家族や友人から提供を受けた衣類などを手渡した。また現地の小・中学校の視察や大学生・大学院生から日常生活や進路などについて話を聞く時間ももった。

 男女の就学率に差があるネパールでは、近年は改善されて来ているものの、貧困家庭の女性は高校生の年齢になる頃には進学せず働きに出るケースが多い。中等学校の頃からSEWAの支援を受ける女子学生には、現在は大学に通いながら母校で数学を教え、将来は大学院への進学と大学の数学教師を目指す学生もいるという。

 SEWAでは、今年から目や耳に障害のある学生への支援を始めた。今後は日本への留学を希望する女子学生の学費奨学制度も検討している。林さんは「貧しい環境で育っても、教育が彼女たちの夢を叶えると信じます。支援した学生がやがて国をリードする人材となり、ネパールが自立の道へと進むことを願い活動しています」と話している。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

子ども250人を無料招待

劇団かかし座

子ども250人を無料招待

『長靴をはいたねこ』

4月19日

健康を自覚すれば健康に?

健康を自覚すれば健康に?

そよらで講話と測定会

4月19日

「音楽やりたい」をサポート

「音楽やりたい」をサポート

有限会社長谷川楽器店長谷川徹さん(56)

4月19日

「本当の価値」提供したい

「本当の価値」提供したい

株式会社グローブ企画中川信義さん(54)

4月19日

春の時代絵巻 盛大に

春の時代絵巻 盛大に

奴頭は田中ことみさん

4月19日

21日午後から交通規制

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大岡越前縁の寺で祭

【Web限定記事】

大岡越前縁の寺で祭 文化茅ヶ崎市

4月20日 「浄見寺まつり」

4月16日~4月20日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook