茅ヶ崎版 掲載号:2016年11月4日号 エリアトップへ

市内在住古知屋恵子さん 「メッセージを感じて」 地元で21回目の個展

文化

掲載号:2016年11月4日号

  • LINE
  • hatena
水彩で描いた作品を手にする古知屋さん
水彩で描いた作品を手にする古知屋さん

 木版画や水彩で作品を生み出す画家・古知屋恵子さん=茅ヶ崎市内在住=による恒例の個展が、11月19日(土)から27日(日)までギャラリー街路樹(茅ヶ崎市中海岸2の5の5の110)で開かれる。午前11時から午後6時まで。入場自由。

 今年で21回目を迎える地元での作品展。水彩画を中心に、カラー木版、木版画など新作を含む約20点を展示する。「夢や理想、日常の中で抱いている思いを作品に昇華させている」と古知屋さん。今年に入ってから「過去に思いを馳せることがあり、乙女チックな女の子をテーマにした作品が増えたと思う。それに合わせて水彩の淡い色彩で描いている」と話す。

思いを込めた紙芝居上演も

 また会期中は、昨年の個展から始めた自作紙芝居の上演も行う。時間は、全日正午・午後2時・4時からの3回、各回30分を予定。昨年上演した、主人公の戦車が恋した女の子を守ろうとする物語「ふたりのカノン」のほか、過去に絵本出版したものを紙芝居用に再編集した作品も準備を進めている。

 古知屋さんは「それぞれの物語の根底にはメッセージを込めている。大人も子どもも何かが心に残ると思うので、ぜひ見てもらえたら」と話した。

ミニブックレットやカレンダーを販売

 さらに、会場ではオリジナルのストーリーをイラストと文章で表現した「ミニブックレット」を販売。「まだ形にできていない物語の構想が、頭の中にたくさんある。これから少しずつ形にしていきたい」と意欲を見せた。

 他にも、「9・11」をきっかけに13年前に作成し、昨年商品化された「戦争かるた」や、来年のカレンダーも販売される。会期中は全日古知屋さん本人が在廊予定。問い合わせは同ギャラリー【電話】0467・58・1231へ。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ボランティアの魅力発信

ボランティアの魅力発信 社会

動画で担い手増ねらう

9月17日号

コンバインドBで全国へ

陸 上

コンバインドBで全国へ スポーツ

松浪小6年 立石亮馬君

9月17日号

インボイス制度学習会

インボイス制度学習会 社会

9月23日(木) 茅ヶ崎民主商工会

9月17日号

ローカルファーストの実践へ

まちづくりシンポジウム

ローカルファーストの実践へ 社会

9月17日号

 小出川沿いに早めの彼岸花

 小出川沿いに早めの彼岸花 文化

「20日前後から見頃」

9月17日号

『ヴェニスの商人』を無料配信

2021音貞オッペケ祭

『ヴェニスの商人』を無料配信 文化

ユーチューブで30日まで

9月17日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook