茅ヶ崎版 掲載号:2016年12月2日号 エリアトップへ

茅ヶ崎の轍(わだち) 第47回(後編) 道編「藤沢一之宮道」協力/茅ヶ崎市文化資料館

掲載号:2016年12月2日号

  • LINE
  • hatena
「藤沢一之宮道」
「藤沢一之宮道」

 藤沢一之宮道が県道遠藤茅ヶ崎線(小出県道)と交差する近くに堤自治会館があります。この辺りを「札の辻」といい、江戸時代に高札場があったといわれています。

 県道を横切り西へ行くと道がカーブする北側に数体の石仏があります。この中の馬頭観音には、向かって右側面(東側)に「一の宮ミち」、左側面(西側)に「ふじさは道」と記され、方向が東西逆になっていることから道の反対側(南側)にあったものと考えられます。また世話人と願主の名前があり、広範囲の馬持中が記されていることから、当時この道が重要な役割を果たしていたことが想像できます。ここを通り過ぎると堤下寺尾線に合流します。

 県立茅ケ崎北陵高校の方向へしばらく行くと道祖神があり、そこで二手に分かれます。藤沢一之宮道は左の細い道です。香川方面へ行く道を横切ってさらに西に行くと、七堂伽藍跡の碑があります。この地域は七堂伽藍跡の遺構や弥生時代の環濠集落、古代の高座郡の郡衙跡と推定される遺構が確認され、考古学の分野で注目されています。

 多くの歴史を辿る事ができる藤沢一之宮道は、やがて鐘が橋(今の寺尾橋)を通り、一之宮に到着します。【参考文献/茅ヶ崎市史】
 

茅ヶ崎版のコラム最新6

自閉症者の家族から...

連載「広げよう心のバリアフリー」【6】

自閉症者の家族から...

5月13日号

世界が切り替わる魔法の言葉

連載Vol.3

世界が切り替わる魔法の言葉

5月13日号

腸活ボーイ®

文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

連載 Vol.6

5月13日号

博物館開館ものがたり

茅ヶ崎市文化資料館

博物館開館ものがたり

-連載vol.1-

4月15日号

TAKAKOのfabulous LIFE

人生を味わい尽くす 第5回

TAKAKOのfabulous LIFE

4月15日号

腸活ボーイ®

文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

連載 Vol.5

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook