茅ヶ崎版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

「伝説のイベント」復活果たす サザン40周年に合わせ初開催

文化

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
企画者の橋本さん(右)もバンドで演奏した(23日)
企画者の橋本さん(右)もバンドで演奏した(23日)

 音楽イベント「湘南ロックンロールセンターAGAIN」が6月23日と24日、市内で開催された。

 「湘南ロックンロールセンター」は茅ヶ崎市出身のアーティスト桑田佳祐さんと音楽プロモーター・宮治淳一さんが、学生時代に湘南地域で行っていた「伝説のイベント」。サザンオールスターズの40周年と、宮治さんが経営するレコードカフェ・ブランディン(富士見町)の20周年を記念して、市内出身の橋本順正さんら地元の音楽ファンが中心となって企画した。

 イベントは両日満員。会場には桑田さん本人から宮治さん宛てに花が届き、ファンを沸かせた。

 23日は中海岸のリキリキデリでライブが開催され、昨年の桑田さんのツアーにギタリストとして参加した中シゲヲさんのバンド「ザ・サーフコースターズ」らが演奏し、参加者の1人は「ここから第2のサザンが生まれてほしい」と話した。

「湘南音楽秘話」に会場沸く

 24日のトークデーは新栄町のドンナポリで開催された。スペシャルゲストは、同じく茅ヶ崎市出身の加山雄三さんのプロデューサーを務めた新田和長さん。日本のロックシーンを彩ってきた加山さんと桑田さんの2人が茅ヶ崎で育ち、音楽をはじめ今に至るまでの「湘南音楽文化」について、宮治さんと対談した。桑田さん、宮治さん共通の友人である歌手・小田和正さんが、加山さんの楽曲『泣くがいい』にコーラスとして参加しているという秘話が明かされ、実際に音源を流し会場を沸かせる場面もあった。

宮治さん(左)と新田さんが対談した(24日)
宮治さん(左)と新田さんが対談した(24日)

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

支援が必要な女性のために

支援が必要な女性のために 社会

国際ソロプチミスト茅ヶ崎

7月23日号

「長寿の祝いにひょうたんを」

「長寿の祝いにひょうたんを」 社会

愛好家団体が寄贈17回目

7月23日号

がん検診の受診控えていませんか

新型コロナウイルス感染症への不安から

がん検診の受診控えていませんか

7月23日号

ビーチクリーンに20人

Juriさん×タウンニュース

ビーチクリーンに20人 社会

7月23日号

同伴者1人無料に

神奈中バス

同伴者1人無料に 経済

土・休日 一日フリー乗車券

7月23日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

7月23日号

えぼしいわ夫とひんやりサマー

ひんやりギャグ大募集&チケットCP

https://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter