茅ヶ崎版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

補選候補者5人が再出馬 4月の市議会議員選挙

政治

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena

 今年4月に予定される茅ヶ崎市議会議員選挙に向け、昨年11月の市議会議員補欠選挙に出馬した5人が、再び立候補する意向を表明した。

 元職で、自由民主党推薦の長谷川由美氏(49)=幸町=は、現在団体役員を務めている。長谷川氏は「誰もがイキイキと、独りにならない安心な茅ヶ崎を目指し、盛んな市民の活動を市政につなげて、まちを活性化していきます」と、意気込みを語った。

 石田秀樹氏(54)=浜之郷=は鶴嶺小学校出身。花とともにくらす会などに携わり、職歴はカルチュア・コンビニエンス・クラブ、ベネッセグループ企業など。音楽による地域づくり構想とともに「平和な、誇りを持てる茅ヶ崎を後世に残すため、持続可能な財政への転換を」と話す。

 共産党職員の金田俊信氏(57)=今宿=は、日本真空技術(株)(現アルバック)に約20年勤務し、2014年から党湘南地区委員会で働く。金田氏は「自校方式による中学校給食を実施させたい。家庭ごみの有料化については反対で、税金で賄えるよう訴えていきたい」と語った。

 元北京オリンピックテコンドー日本代表強化指定選手の木山耕治氏(37)=浜竹。木山氏は「高齢世代を持続的に支えるためにも、子育て世代がより働きやすい環境、より子育てしやすい環境を整え、未来ある若者世代を育む『人にやさしい茅ヶ崎』を目指したい」と話した。

 立憲民主党公認の藤本恵祐氏(57)=堤=は、日本電信電話公社(現NTT)に入社後、関連会社に勤務。現在は沖縄上地流空手の師範。藤本氏は「100年住みたい街を実現するために、財政健全化に努め、それを支える地場産業の活性化を目指していきたい」と述べた。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

参加者「怒鳴る頻度が減った」

子育て講座『ほしつ☆メソッド』

参加者「怒鳴る頻度が減った」 教育

市が受講者募集中

4月3日号

自宅で楽しめる教材配架

赤松町の英会話教室

自宅で楽しめる教材配架 文化

「外出自粛中の子どもに」

4月3日号

司法書士の無料相談会

司法書士の無料相談会 社会

4月4日、藤沢で

4月3日号

プロの味 自宅で再現

中華街・招福門

プロの味 自宅で再現 社会

肉まんキットを新発売

4月3日号

公開プレゼンに15事業

Web限定記事

公開プレゼンに15事業 社会

市民活動げんき基金

4月3日号

Catch up

Catch up 文化

茅ヶ崎ゆかりの様々なアーティストにフォーカス!(ナスマサタカ編)

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

タケノコ堀り体験

小中学生親子対象

タケノコ堀り体験

4月26日 市内の竹林で

4月26日~4月26日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク