茅ヶ崎版 掲載号:2019年2月1日号
  • LINE
  • hatena

石澤善己君がプロ契約 サッカー「ラインメール青森」へ

スポーツ

青森での活躍を誓う石澤君
青森での活躍を誓う石澤君

 サッカー・湘南ベルマーレユースに所属していた石澤善己(よしき)君(18)=萩園=が、Jリーグの下部リーグ・JFLの「ラインメール青森」とプロ契約を結んだ。

 181cm、73kgの石澤君は、ベルマーレユースでディフェンダー(DF)として活躍。J3(Jリーグ3部)昇格を目指す青森の練習に昨秋から参加し、実力が認められた。JFLのチームながら青森はプロとして活動するため、石澤君も幼い頃から志したプロサッカー選手に。「端くれですけどプロになれたのはうれしい。また頑張って、もうひとつ上のステージに行きたい」とチームのJリーグ入りに全力を注ぐ。

地道に掴んだ夢

 プロという夢を叶えた石澤君だが、ここまでの道のりは順調ではなかった。

 兄を追いかける形で小学1年からサッカーを始めた。点取り屋のフォワード(FW)としてFC今宿茅ヶ崎の中心的な役割を担い、6年生のときにチームは市内で負けなしの強さを誇った。「自信はあった」と石澤君は当時を振り返り、県内から20人ほどが選ばれた神奈川選抜にも入った。

 しかし、レベルアップを狙って中学進学時に受けたベルマーレの平塚のジュニアユースチームは、セレクションで不合格。悔しさを胸に小田原を拠点とするベルマーレのチームに再挑戦し、合格した。萩園中学校から茅ケ崎高校へあがる際、ベルマーレでは小田原のジュニアユースから平塚のユースチームに昇格を果たした。

 ただ、試合に出場するようになったのは3年になってから。ポジションをFWからDFに変え、長身を生かした競り合いの強さを武器に日の目を見た。地道に努力を重ねた石澤君は「これからもコツコツやっていくだけ」。まずは、契約期間の2年で結果を示す。

 新天地の青森は、父・善之さん(50)の故郷でもある。「あったかい靴が大事」とアドバイスを受けた善己君は、チームメートからもらった寄せ書きや、幼稚園の頃から寝る際に枕に巻く毛布、えぼし麻呂のキーホルダーを持って旅立った。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク